身につく英語のためのAtoZ (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007813

作品紹介・あらすじ

学校で勉強しているのになぜ英語を話せないのだろう。ネイティヴの英語っていつになったら聞き取れる?英語の本をすらすら読んでみたい。自由に英語で文章を書いてみたい!「読む」「書く」「聴く」「話す」の4つの力を本当に身につけるためのコツが、AからZまで26のキーワードによるエッセイで楽しくわかります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行方先生の本は、わかりやすい例文が豊富で勉強になる。これ、ジュニア新書だけどジュニアには難しいかも。

  • 英語を使う感覚を磨くchapterが、A~Zのタイトルから始まる順番で26項目掲載されている。

  • 英語の勉強方法や、心構えみたいなのが知れてよかった。
    しかし、ここで前提としているだけのレベルがある人はこの本を読まないような気がする。
    需要と供給で想定している英語のレベルに差があるような気がした。
    Dの英文日記、そこまで書けていれば受験では困らないし、授業でも困っていない。
    Mの擬態語やJのジョーク、Rのなぞなぞなんかはある程度英語に不自由しない人が気にする問題であり、この本を求めている人は多分そこまでレベルはないと思う(少なくとも私にはない)。
    だから、まずは深く考えずに作中の文章の暗記から始めた方が賢明だと思った。
    ただ、ことわざや常套句、クリーシェはとても興味深い。

  • 登録番号:11305 分類番号:830ナ

  • 行方昭夫先生の「岩波ジュニア新書」における著書を3冊連続で読みました。
    まあ、この3冊目は前2冊の補講のような感じでしたので前2冊を読んでいれば必要度は低いかもしれませんが、それでもやはり良書と思います。
    3冊とも上の子の本棚行きです。

  •  「英語に感心のある中学生、高校生のために、学校の教室や、普通の参考書では習わない、英語についての各種の情報を、AからZで始まる項目順に並べ」(p.iii)たもの。内容は英語そのものに関することから英語の学習法に関するものまで、多岐に渡る。英語そのものに関すること、としては文法に関するものと、いわゆる豆知識的な熟語やことわざ擬態語、和製英語に分けられる。文法については、特に比較級、名詞構文、仮定法は章を立てて解説されているとともに、GRAMMARの章で「状況のit」、「分割不定詞」、「倒置構文」、「状態動詞の進行形」、「独立分詞構文」が取り上げられている。学習法については、多読のすすめ、300以上の暗唱例文、など、正道を行くものの紹介。
     英語の達人だけに、文法項目の取り上げ方が面白かった。包括的に取り上げるのではなく、「特にここ」というところが取り上げられていて、英語教師としてはとても興味深い。例えば「比較級」のところでは、比較の使い方が一から全部解説されているのではなく、We couldn't agree more.や、The church couldn't look more gorgeous.のような文が紹介されている。GRAMMARの上に挙げた項目も、筆者なりに、特に苦手とする人が多いとされる項目を選んだものらしく、「英文法の知識としては一部ですが、以上が身につけば大きな進歩です。英語学習での展望が開けてきます」(p.47)と書かれている。著者は、佐々木高政という人が書いた『和文英訳の修行』の例文を覚えたらしく、おれも復刻版を買ったけど、買ったままになっているので、早く勉強してみようと思った。(14/10/18)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1931年生まれ。東京大学教養学部イギリス科卒業。東京大学名誉教授、東洋学園大学名誉教授。日本モーム協会会長。日英言語文化学会顧問。著書に「英文精読術」「英文翻訳術」「英文読解術」(DHC)などがある。

「2017年 『東大名誉教授と原文で楽しむ 英文読書術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

行方昭夫の作品

身につく英語のためのAtoZ (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする