日本美術観光団

  • 朝日新聞社
3.60
  • (6)
  • (5)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022579218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 赤瀬川原平と日本美術の教授の山下裕二の二人が、投入堂・大山、出羽三山、犬山、日光、原爆ドーム・厳島神社、中尊寺、宇佐神社、出雲大社、日本民芸館、東大寺・法華堂、伊勢神宮、皇居などを神主さんや館長などの解説付きで見て回り、あとで気軽な対談をするというもの。学術的なことにはあまりこだわらず、思ったこと感じたことを自由に話しているって感じかな。路上観察の赤瀬川氏らしい企画だと思う。表紙の弥二さん喜多さんみたいに旅を楽しめばいいんだね。

  • 赤瀬川原平氏と山下裕二氏(ときどき南伸坊氏)のコンビで日本中の寺社仏閣や名所旧跡を物見遊山の目線で紹介する一冊だ。

    ふたりの放談が本当に気ままで楽し気で赤瀬川原平氏と山下裕二氏(ときどき南伸坊氏)のコンビで日本中の寺社仏閣や名所旧跡を物見遊山の目線で紹介する一冊だ。

    ふたりの放談が本当に気ままで楽し気で気楽に読むのにいい。
    もう平成も半ばの時代なのに、ずいぶんおおらかだったんだなあ、と感じた。

  • 図書館で借りてきました。

    日本美術応援団と違うのは、
    作品や作者についてのお話じゃなくて
    お出かけ全体のお話をしていることかな。

    話題に上っている作品の図版が入ってない場合も多いです。
    見たければ観光してみて! ってことかもしれない。

    自分としては赤瀬川・山下のコンビがけっこう好きなので
    DVDを副音声で見るようなノリで楽しめました。

    あと、赤瀬川さんによる前書きの
    欲望についてのお話は
    最近『へうげもの』にはまっている者として
    興味深いものがあったです。

    「好きとはすなわち欲望である」だったかな。

  • 面白かった。
    役行者はすごい…

  • これは楽しい!
    旅行に行って本物を見たくなる~。
    写真がたくさんなのも良いです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

赤瀬川原平(あかせがわげんぺい)
1937年横浜市生まれ。本名・赤瀬川克彦。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業、武蔵野美術学校油絵学科中退。画家・作家。60年代はネオ・ダダ、ハイ・レッド・センターに参加、前衛芸術家として活躍する。70年代は、『櫻画報』などでパロディー・漫画作品を発表。1979年作家・尾辻克彦として執筆した『肌ざわり』で中央公論新人賞、81年『父が消えた』で芥川賞受賞。86年路上観察学会創立に参加。その後ライカ同盟、日本美術応援団を結成。
主な著書に『オブジェを持った無産者』『超芸術トマソン』『カメラが欲しい』『赤瀬川原平の名画読本』『正体不明』『新解さんの謎』『老人力』『四角形の歴史』『東京随筆』など他多数。2014年10月「尾辻克彦×赤瀬川原平 文学と美術の多面体」展(町田市民文学館)「赤瀬川原平の芸術原論 1960年から現在まで」展(千葉市美術館)開催。同月26日逝去。

「2018年 『赤瀬川原平 カメライラスト原画コレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤瀬川原平の作品

ツイートする
×