人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
4.03
  • (166)
  • (181)
  • (131)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1543
レビュー : 161
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041053287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸川乱歩の短編は、あまり読んだことがなかった。
    ひとつひとつの作品は、非常に良くできていると思うが、長編に比べると少し物足りない。
    だが、これまで何回も読んだことがある『押絵と旅する男』は、非常にいい作品である。

  • 江戸川乱歩ベストセレクションに手を出した。一作目は有名な「人間椅子」一冊全部椅子の話だと思っていたら、短篇集でした。全て奇妙で気味が悪い退廃的な雰囲気の短編が並ぶ。しかし、「人間椅子」ってこんなラストだったかな。うっすらとしか覚えてないのですが。全体的に時代的な言い回しがあって読みにくいほどじゃあないけど、偶に「??」とはなる。ローンジって何だ?って思ってたけど、多分ラウンジ…?かな。 個人的には最後の「押し絵と旅する男」が好きです。

  • 解説 大槻ケンヂ

  • 独特な発想が織り成す世界観

  • 佐野史朗さんによる朗読が某動画共有サービスに上がってて、それを聴きながらご飯を食べたら大変妙な気分になった。確かこの椅子は一時期Yという街の外国人が多く泊まるホテルにあるんだけど、横浜のホテルニューグランドの2階ホールなんか、人間椅子を置くにはうってつけの場所だなと行く度思う。

  • 表題作をはじめ8篇の短編集。
    人間椅子
    目羅博士の不思議な犯罪
    断崖
    妻に失恋した男
    お勢登場
    二廃人
    鏡地獄
    押絵と旅する男

    「人間椅子」と「押絵と旅する男」はタイトルも知っているし内容もなんとなく知っているが、他は知らない。
    読んでみるとどれも江戸川乱歩らしい醜悪な美というか、歪んだ世界というか、独特だと思う。
    倒錯し異常であり、とても健全とは言えない乱歩の世界だ。

    人間椅子
    タイトルそのまま椅子の中に入り込んで座る人の感触を楽しみ、恋をする男の手記。
    この発想自体が気持ち悪い。よくそんな発想が出来ると驚くと共に気味が悪い。この常人離れした発想の有無が歴史に残る作家と凡人との大きな違いではあるけれど。

    目羅博士の不思議な犯罪
    猿は人を真似る。
    鏡も人を真似る。
    向こうに見える自分がもし窓から飛び降りたら、こちら側の自分はどうするだろう。

    断崖
    推理小説を書こうと思ったり、もし自分が犯罪を犯すとき(そんな事はないに越したことはない)、一度は考えるだろうものが、完全犯罪。
    自分の手を汚さず、罪にも問われず、相手を亡き者にするには…。

    江戸川乱歩の狂気な世界を堪能出来る。

  • 人間椅子/目羅博士の不思議な犯罪/断崖/妻に失恋した男/お勢登場/二廃人/鏡地獄/押絵と旅する男

    苦手だった推理小説の入り口になった作品たち。言葉遣いがとても美しくてミステリというよりも文学を強く感じた。目羅博士の不思議な犯罪は特に好きで、科学や数字では解明できない人間の不思議な心をよく分かっていることを想像させる。
    この人に限ったことではないが、よく人の殺し方をあんなにもユニークに作れるもんだなあ

  • 初の江戸川乱歩。
    短篇集。

    今まで読んだことのある推理小説とは毛色が違うなと感じた。
    フーダニット、ハウダニットなどを考える面白さとは違う面白さもあった。
    短編ということもあり、十戒や二十則以前に名前が出てこない話もいくつかあった。
    表題作の人間椅子についてはオチがとても良かった。

  • 新装丁版の表紙がいいんだけどなあ。

  • 『お勢登場』と『押し絵と旅する男』をむしろ推したい。男女関連の話が特に面白い一冊。

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする