モノノケ杜の百鬼夜行 疫病退散の噺 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041108789

作品紹介・あらすじ

一華と潤が街中で起こる怪事件を解決する中、千影が百目木家に忍び込む。ついに、千影の実態と百目木家の運命が明かされる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今のコロナ禍にぴったりのお話。アマビエさんは最強。

  • 「一華と潤と、芳沢の猫」
    屋根裏から聞こえる音。
    ここまで不審な出来事が続いていることを家族で共有していたのなら、誰か一人ぐらい確認しようと考えなかったのだろうか。
    化粧をしたり何かしら物で顔を隠す事もせず、嘘を付き素顔のまま潜入するなんて危険なのでは。

    「一華と潤と、御森の送り狼」
    死んでも護りたい存在。
    自らの欲を制御しきれないから起きた事なのだろうが、これだけ白昼堂々と犯行に及ぼうとしても気付かれない場所は怖いな。
    主を想う気持ちが強かったからこそ、物怪になり彼女に危険が及ばぬ様に留まっていたのかもな。

    「一華の覚悟と、潤の絆」
    少しずつ歩みを進めて。
    彼の語った事が全て事実だったとしても、徐々に結界内から蝕んでいた物がある時点で修繕が間に合わない時が来ただろうな。
    信仰心から生まれた者達は、一時的であろうと願いを込めた際の想いの強さが全てなのだろうな。

    「移り変わる街にて」
    友人と過ごす休日には。
    歳月が経つに連れ変化しない物は世の中に無いだろうが、見た目は変わろうと内面は時が止まった様な世界もあるのだろうな。
    他人と比べて劣っている事には直ぐに気付くが、自らにしか出来ない事には中々気付けないよな。

  • 第一話 一華と潤と、芳沢の猫
    第二話 一華と潤と、御森の送り狼
    第三話 一華の覚悟と、潤の絆
    余話 移り変わる街にて

    潤の他に一華に関わる人ができてくる。さてこの形はどうなっていくのか

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2022年 『怪談物件マヨイガ(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒼月海里の作品

ツイートする
×