顔・白い闇 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.39
  • (1)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041227022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初めての松本清張作品。重たいのに続きが気になってどんどん読んじゃう。あっと言う間に読み終わってしまった。

  • あんず

    推理小説短編集。初めて松本清張の作品を読んだのだが、その緻密な設定と登場人物の深層心理に夢中になってしまった。どの作品にも人間の奥底に秘められたふつふつと燃え上がる情が描かれていて、それは時にははっとさせられるような苦しさでもあり、時には胸騒ぎを覚えるほどの激しさでもあり、実にリアルで秀逸。自分の胸の奥底と共鳴し、揺さぶられる。アリバイ崩し、犯人を暴くまでの過程も面白い。どれも傑作。

  • ドラマ「顔」を見ました。松雪泰子が戦後の大女優らしいレトロな美しさだった。流石だ。女優として顔を売りたいという欲と、過去の罪を隠すために顔を隠さなければという不安。やはり、欲を出してはいけないなというラスト。

  • 同じ本を二回買ってしまいました。

  • 2011 Mi氏よりレンタル)

  • 再読。
    40年以上前の作品とは思えない。
    とても面白い。

  • ちょっと会っただけの人の顔を覚えているだろうか?でもふとした瞬間に思い出すことはないだろうか?
    松本清張の小説は極めて現実的な中に事件性を盛り込むことが多い。それが絶妙で、色々な作品を読む度に、感心してしまう。

  • いやあ、何もいうことないです。

  • 松本清張の作品はいくつか読んでいるが、この方の作品を読んでいつも私の印象に残るのは、人物に関する描写である。
    この本を読んだのは、実は黒皮の手帳シリーズの番外編としてTVドラマ化されていたものを見て読みたくなったのである‥。何故ならば好きな俳優・豊原功補が出ていて気になったからw
    して、原作の「白い闇」は全然別モノ?でした。ドラマの方がだいぶ豪華だったね〜(笑)

  • やっぱりうまい。「白い闇」は結末は読めたけれども、真相が暴かれるくだりは妙に背筋が寒くなるような気持ち悪さが・・・印象的。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松本清張
一九〇九年、福岡県小倉(現北九州市)に生まれる。五一年、《週刊朝日》主催の〈百万人の小説〉で「西郷札」が三等に入選。五三年「或る『小倉日記』伝」で第二八回芥川賞を受賞。五五年、短篇「張込み」で推理小説に進出し、五六年に作家専業となる。五八年に刊行した初の推理長篇『点と線』は大ベストセラーになり、一大推理小説ブームを引き起こす立役者のひとりとなった。七〇年『昭和史発掘』で第一八回菊池寛賞、九〇年朝日賞受賞。九二年死去。

「2022年 『松本清張推理評論集 1957-1988』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本清張の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×