家族の絆 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041880098

作品紹介・あらすじ

「キレる」子供が増えて生徒が教師を刺してももはや誰も驚かない。その原因は家庭はもちろん母性一色に染まった日本人のキャラクターにあるのではないか。結婚後、作家修行のために子育て、主夫業に挑まざるをえなくなった著者が築いた"家族の絆"、そして体感した父性の確かな手応え。家父長制とは正反対の鈴木流"父性"こそが、家族を、日本の社会を明るい未来に導くのでは?力強く語られる子育てパパ、ママのための勇気のでるエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 危険な事を見守りつつ体験させてあげるという父性が必要であるという論調がとても心に残った。
    また昔の父親像を徹底的に否定し、現代にあるべき父親像を述べているのも私自身の考えと合い共感できた。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

千葉中央メディカルセンター勤務。認定理学療法士(代謝)、呼吸療法認定士、糖尿病療養指導士、住環境福祉コーディネーター2級。

「2018年 『リハビリのプロがすすめる 健康寿命を延ばす1000冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木光司の作品

ツイートする
×