魔術師マーリンI 運命の出会い (角川文庫)

制作 : 杉田 七重 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年10月24日発売)
3.86
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784042982029

魔術師マーリンI 運命の出会い (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吹き替え版見た
    イギリスドラマ

  • マーリンと言えばもっとも有名な魔法使い。

    マーリンと言えばアーサー王物語。

    偉大なる魔術師マーリンが誕生するまでのお話。
    かなりライトな小説なのでとても読みやすい。

    主人公マーリンも、もちろん良いですが・・・やっぱりアーサーですよ。
    アーサー・ペンドラゴン  名前の響きもなんだかかっこ良い。

    もうね、理想的な王子像なんですよね。この小説のアーサーは

    容姿も良く文武両道に長けているけれど少々自信過剰気味。
    しかし王位継承者としての責任や父親からの過度な期待に苦悩している。常日頃の傲慢な態度もそんなプレッシャーからくる裏返しであったりする。

    やっぱりね、王子は顔が良くて我儘でないと!

    またそれが意外に繊細ってところが尚よろし。

    初めは反発しあっていたマーリンとだんだん友情が芽生えていき
    傲慢だったアーサーがマーリンに歩み寄っていく様を読んでいると
    アーサーの成長が窺えてドンドン読みたくなります。

  • アーサー王物語というのは聞いたことがあったけど、そのサブキャラを主人公にする発想がよかった。ページ数も少ないのですぐ読める。

    これからマーリンとアーサーがどのように成長していくのかが楽しみ。

  • 2009/12/2
    TVドラマ 「魔術師 MERLIN(マーリン)」 おもしろいですね。
    http://www9.nhk.or.jp/kaigai/merlin/index.html

    原作も読んでみましょう!

    関連の本も、読みたい!  ⇒ マーリン ~ pasoboのバインダー
    http://mediamarker.net/u/pasobo/?stg=comment&word=%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3&st=update

  • NHKで放送していたドラマのノベライズ。
    主人公はどちらかといえば脇役。
    文庫なので手軽に読めるのが良いかな…。

  • ドラマを途中まで見てたので読んでみた!
    ドラマのストーリーをもっと詳しく読める感じ。

  • 王道ファンタジー??
    でも主人公はわき役です。

    NHKで放送中の海外ドラマの
    ノベライズです。
    本をみて放送を思い出しました。
    10月からどんどん続きが出るようなので
    買わないと!!
    と思う感じの本です。

    お手軽に読めるファンタジーです。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
梨木 香歩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

魔術師マーリンI 運命の出会い (角川文庫)に関連する談話室の質問

魔術師マーリンI 運命の出会い (角川文庫)はこんな本です

ツイートする