天の瞳 幼年編2 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.74
  • (63)
  • (34)
  • (114)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 471
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043520213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供の頃から大好きな灰谷さん。
    大切な、素敵な言葉が沢山詰まっている本。

    登場人物の子供も大人も真っ直ぐで、真摯に生きている。
    真っ直ぐすぎて胸が少しチクッとしてしまう。

    ついこの間、主人が娘に『悪いことはするな!』
    と説教をしていました。
    その瞬間、スイッチが入ってしまい
    『じゃああなたは悪いことを全くしないのか。あなたの中での悪い事とは何か。自分の中にある悪い事とちゃんと向き合ったことがあるのか。』
    と逆に説教をしてしまい、シュンとさせてしまいました。

    私はまだ『悪いこと』を子供に説教出来るほど理解できていないので、そんなアホくさい言葉で子供と話せない。
    大人にとって都合の悪いことを『悪いことだ!』と言うのはとっても罪だと思う。

    そんな事を思い出しながら、読み進めていました。

  • 灰谷作品はやはり特徴がある。使われてる言葉は子供でも理解できるようなシンプルなものなんだけど、大人が読むと味わいと感じるような感じ。

    幼年編は、ところどころに学校や教師の批判が含まれているが、ほんとにありそうな感じ。灰谷氏自身の経験が含まれているのだろう。
    嫌な大人に毒されることなく真っ直ぐ育つ子供達の姿には救われる思いがする。

    話はまだ続くので最終的な評価はおってすることになると思う。と言ってもこの作品自体未完成のようだけど。

  • 幼年編のつづき。じいちゃんの言葉のひとつひとつが重くて、とても考えさせられます。こどもは小さくても、その子なりに一生懸命考えたり、思うところはたくさんあったりするのだと思います。大人はそれをだいじにできるといいな。

  • りんたろうのおじいちゃんのように、こころのある言葉を発せられるような、大人になりたい。

  • 今回もじいちゃんの話が胸にしみる。仕事してれば余計なことは入ってこない。

  • 幼年編〈1〉と同じ

著者プロフィール

灰谷 健次郎(はいたに けんじろう)
1934年10月31日 - 2006年11月23日
兵庫県神戸市生まれの児童文学作家。定時制高校商業科を卒業。大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学部卒業後、小学校教師に。そのかたわら、児童詩誌『きりん』の編集に関わる。
短編小説「笑いの影」が問題となり、事件身内の不幸が重なったことを契機に1971年小学校教師を退職、沖縄・アジア各地を放浪。1974年『兎の眼』で児童小説デビュー。その他代表作に『太陽の子』『ろくべえまってろよ』、テレビドラマ化された『天の瞳』などがある。

天の瞳 幼年編2 (角川文庫)のその他の作品

天の瞳 幼年編〈2〉 単行本 天の瞳 幼年編〈2〉 灰谷健次郎
天の瞳 幼年編〈2〉 単行本 天の瞳 幼年編〈2〉 灰谷健次郎

灰谷健次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
灰谷 健次郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする