灰谷健次郎のおすすめランキング

プロフィール

1974年に発表した『兎の眼』が大ベストセラーに。1979年、同作品で第一回路傍の石文学賞を受賞。生涯を通じて、子どもの可能性を信じた作品を生み出し続けた。代表作に『太陽の子』『天の瞳』シリーズなど。2006年没。

「2009年 『天の瞳 最終話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

灰谷健次郎のおすすめランキングのアイテム一覧

灰谷健次郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『兎の眼 (角川文庫)』や『太陽の子 (角川文庫)』や『ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)』など灰谷健次郎の全400作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

兎の眼 (角川文庫)

4389
4.04
灰谷健次郎 1998年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あれ? バーコードで登録したのに全く違う表紙が出てきたぞ。 ま、こっちの方がいいや。   小学校の新任教師、小谷芙美が生徒たち、その親、同僚と接する... もっと読む

太陽の子 (角川文庫)

2749
4.04
灰谷健次郎 1998年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔、若い時に読んだので、今子育てを経験してからまた読むと、きっと感想が違うだろう。 もっと読む

ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

1159
3.84
灰谷健次郎 1975年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なつかしい!! たぶん教科書で出てきたはず・・? いろんな大人が出てくるけど、子供ながらにゴルフクラブを持ったおじさんの犬でよかったが傷ついた覚えがあ... もっと読む

天の瞳 幼年編1 (角川文庫)

933
3.88
灰谷健次郎 1999年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう何度読んだかわからないくらいの小説。 小学生の時に出会ってから、ずっと読んでいて、私のバイブルみたいな小説。 昔は、この小説の世界がすごく好きで正しく... もっと読む

天の瞳 幼年編2 (角川文庫)

593
3.78
灰谷健次郎 1999年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供の頃から大好きな灰谷さん。 大切な、素敵な言葉が沢山詰まっている本。 登場人物の子供も大人も真っ直ぐで、真摯に生きている。 真っ直ぐすぎて胸... もっと読む

天の瞳 少年編I (角川文庫)

502
3.65
灰谷健次郎 2001年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この時の教育事情と、現在の教育事情は違うものだとわかっていつつも、やはり惹かれてしまう、灰谷さんの教育観が透ける。 久しぶりに続きを読んでみて、一人の大人... もっと読む

朝の少女 (新潮文庫)

478
3.73

感想・レビュー

物語の舞台になっているのは、サン=サルヴァドル島、もしくはそのあたりの小さな島だ。物語の語り手は、朝の光の中で躍動する「朝の少女」と呼ばれる女の子と、満天... もっと読む

兎の眼 (新潮文庫)

464
3.83

感想・レビュー

さすが名作と言われるだけある。子どもの成長、大人の葛藤がよく描かれている。通勤電車で読んで涙腺ゆるみ大変だった。児童文学だからか1日で読破。作者の灰谷健次... もっと読む

天の瞳 少年編II (角川文庫)

447
3.71
灰谷健次郎 2001年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暴力による非行が横行していたころの学校の姿。 小学校での担任ヤマゴリラと、本音を話せる時間の共有から、制服や規則を守らせようとする中学校の先生とのいざこざ... もっと読む

天の瞳 成長編I (角川文庫)

410
3.62
灰谷健次郎 2002年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までよりちょっと説教くさい感はあったけれど、男女平等、PTAなど、考えさせられることの多い内容だった。 もっと読む

天の瞳 成長編II (角川文庫)

393
3.70
灰谷健次郎 2002年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前巻がちょっと説教くさかったので、今回はどうかなと思いましたが、良かったです。問題に対して、自分には関係ないと考えるのではなく、自分は何が出来るのかと考え... もっと読む

天の瞳 あすなろ編(1) (角川文庫)

359
3.91
灰谷健次郎 2004年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きれいごとなのかもしれないけれど、こうありたいと思う名作です。今回は医療の問題にも話題がいき、古い書籍ではあるけれど、社会課題は変わっていないのだなと感... もっと読む

少女の器 (角川文庫)

354
3.60

感想・レビュー

離婚家庭で暮らす思春期の少女・絣。一緒に暮らす母は奔放な恋愛を繰り返し、絣はたびたび傷つきながらも日々母への理解を深めてゆく。 そして傷ついた時に絣を癒... もっと読む

海になみだはいらない (角川文庫)

322
3.54

感想・レビュー

表題作『海になみだはいらない』のほか、『君はダックス先生がきらいか』『三ちゃんかえしてんか』の3作品が収められている。さらに最後の『三ちゃんかえしてんか』... もっと読む

わたしの出会った子どもたち (角川文庫)

316
3.63

感想・レビュー

・たとえば、朝、養護学校にいく為に、スクールバスが迎えにくる場所まで歩く数百メートルの道のりを見るだけでいい。 かの女はたくさんの生き物を友達にしている... もっと読む

砂場の少年 (角川文庫)

295
3.52

感想・レビュー

灰谷さんの本を読むとやっぱり涙... 読み終えていつの間にかそのまま寝ていた。(HPの日記より) ※表紙は異なり、黒いデッサン画のようで暗い感じの旧版  ... もっと読む

天の瞳 あすなろ編II (角川文庫)

294
3.99
灰谷健次郎 2006年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の倫太郎が幼少期から成長する姿を色々な人との関わりを通して描かれている。人との関わりの中で成長すること、人との繋がりの大切さを実感する。連作ものだが... もっと読む

天の瞳 最終話 (角川文庫)

276
4.07
灰谷健次郎 2009年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やんちゃな主人公倫太郎やその友だち、彼らを取り巻く大人たちを通して、大人は子どもにどう向き合ったらよいのかを教えてくれます。人間としての必読書!といっても... もっと読む

太陽の子 (新潮文庫)

266
3.81
灰谷健次郎 1986年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勇気の物語。戦争の傷痕と根深い挫折感、そうした痛みの矢面に立たされるのはいつも子どもたちです。この作品が児童文学である意味を考えさせられました。 もっと読む

兎の眼 (角川文庫)

248
4.25
灰谷健次郎 電子書籍 2001年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とある小学校の生徒と先生の心の触れ合いを描いた作品。 戦後~高度成長期の時代を色濃く反映していて、現代の読み手ではその社会背景を十分に理解できないのではな... もっと読む
全400アイテム中 1 - 20件を表示

灰谷健次郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×