「松代大本営」の真実 (講談社現代新書)

著者 : 日垣隆
  • 講談社 (1994年7月18日発売)
3.61
  • (3)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 42人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061492097

作品紹介

天皇を信州へ。半世紀前、「日本の敗戦」を前提に、この地下要塞計画は実行に移されていった。発掘した新資料を駆使し、「神聖なる大工事」の全貌を、いま明らかにする。

「松代大本営」の真実 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大量の一次資料をもとに、事実を積み重ねて書かれた本。
    科学的なアプローチが丁寧にされており、右や左のイデオロギーに関係なく、実際にあったことでのみ書かれている。
    文章は丁寧で品が良いのに迫力があった。

  • 長野県にこんな事があったとは知らなかった。いろんな事を知らないというのは、かなり危ないな〜と思うようになった。歴史から学び取る事柄の多さを実感するそんな本。

  • [ 内容 ]
    天皇を信州へ。
    半世紀前、「日本の敗戦」を前提に、この地下要塞計画は実行に移されていった。
    発掘した新資料を駆使し、「神聖なる大工事」の全貌を、いま明らかにする。

    [ 目次 ]
    序章 遭遇
    第1章 ゼネコン軍需
    第2章 神々の移転
    第3章 無駄な穴
    第4章 消せない記憶
    第5章 占領者の眼
    第6章 破壊せよ
    終章 伝言
    補章 文献資料案内

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • すごい。圧巻。陳腐だけれどもこういう表現しか浮かばない。真実を世に出すには、これだけの仕事を為さねばならない、と考えさせられる1冊。松代大本営の本当の真実とは?世の常識を、世の定説を1つ変えた作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

日垣隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「松代大本営」の真実 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする