絡新婦の理 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (506)
  • (328)
  • (893)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 3192
レビュー : 276
  • Amazon.co.jp ・本 (830ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061819320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 百鬼夜行シリーズ5作目。
    分厚かった~~~!2つの事件が少しずつリンクしていて、とにかくややこしい。そしてその上にさらに黒幕が…!となると完全に脳のキャパを超えました。ひとつひとつの事件は一応理解したつもりだけど、全体図を見るとこんがらがってきて、黒幕の犯行動機や仕組んだ筋書きと各事件とがどうリンクしてそうなったのか、という整理が自分の中でつけられず、ぐちゃぐちゃと複雑に絡み合った事件の表面をすいーっと撫でた程度しか理解が及ばなかった。これは要再読。京極読んだ後は毎回言ってるけど要再読。
    今回はいつにもまして前作までの事件の登場人物が複数絡んできて、碧を見てなんとなく魍魎のあの子のことを思い出してたら名前が出てきてちょっと嬉しかった。一通りノベルス版で読んだら今度は分冊で読んでみようかな。
    エピローグからプロローグに戻る部分の情景が美しくて印象的でした。

  • なんだろこれは。
    一気に読める大河?

    今まで読んだ京極堂で一番好き。

  • 関口君が全く出てこない話だった。すごく残念。関口君が一番といってもいいほど好きキャラなのだと実感。
    でも普通に面白かった。中盤あたりに犯人分かったのでちょいと満足。
    山本女史と柴田に驚いた。
    美由紀が強い子で感動。嫌な大人ばかりの中でよく頑張ってくれた…!現実ってつまらないね。その中でおじいちゃんが、孫思いのよい人だった!こうやってつながっていくのがいいね。
    葵さんが好きだったのになー。死んじまったよ…。
    榎さんが女学校に乗り込んでの傍若無人っぷりが、美由紀視点が書かれていてとても楽しかった。榎さんすげぇ!!
    そしてこの榎さんと付き合っていける京極堂と関口君と木場すごいと思うわ。というか木場と京極堂ならともかく、榎さんが関口君といるのは本当に関口君が気に入っているからなんだろうなぁ。

  • プロローグとエピローグの情景があまりに美しいせいで、読み終わるたびにもう一度頭から読もうとしてしまう。

    どっちが上とか偉いとかを解体していく話。
    犯人は次々に割れるのに事件はわからない。
    筋を追っていく物語。つくづく気持ちよくだまされたい人向けのシリーズだ。

    狂骨の精神分析もそうだけど、フェミニズムやらジェンダーは舞台となっている時代と今で認識がずいぶん変わっている。
    登場人物は戦後の人で、読むのは今の人だから、すりあわせるのが難しい。
    だから蘊蓄係が京極堂じゃないんだろうな。
    それは違うだろうと思う部分が時代設定のために仕方がない部分なのかうっかりなのか微妙にわからない。

  • 結局犯人が誰なのか分からなかった

  • 今回のキーワードはキリスト教、ユダヤ教、女性差別、日本神話。そして舞台は女子校。どこがどうとは言えないが、なんだかいつもと違う作風にかんじた。

  • 妖しい雰囲気☆☆☆

    榎さんと木場のやり取りがお気に入り?

  • 木場修のうじうじに辟易して途中で3ヶ月くらい放置した
    な~んか最後までしっくりこなかったなあ…

  • 京極夏彦の百鬼夜行シリーズ第五作目・絡新婦の理。
    これも読んだのが数年前なので、かなり記憶が曖昧です。
    とりあえず女性の場合、嫌な気分になる表現が含まれております。
    恐らく昔はそういう時代もあったのでしょうし、事実は事実歴史は歴史で仕方が無いのですが。
    とにかく、今回は男尊女卑や性感覚の問われる内容を多分に含んだ話でしたね。
    個人的には、他のものより後味が悪かったような。

  • 昼ドラ的な展開だったなー
    でも伏線を裏切りまくっての結末は流石
    ちょっと今までと毛色が違った感もある。
    榎木津がマトモだったし。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

絡新婦の理 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする