レッドゾーン(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (151)
  • (294)
  • (160)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1761
感想 : 150
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062769921

作品紹介・あらすじ

莫大な外貨準備高を元手に、中国が国家ファンド(CIC)を立ち上げた。若き買収王・賀一華は日本最大の自動車メーカー・アカマ自動車を標的にする。さらに鷲津政彦を誘い出す。「一緒に日本を買い叩きませんか」。日本に絶望した男はどう動くのか。産業界の中枢に狙いをつけた史上最大の買収劇が始まった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【感想】
    学校の授業で習った内容や、普段日本人が口にする「中国」という国。
    皆がどんなイメージを抱いているかは分からないが、少し前までは個人的に卑下して見ていた感覚があった事は否めない。
    ただ、最近GDPが抜かれ、確実に巨大化が止まらない「中国」という国の不気味さや底力に、最近は畏敬の念や憧れなどを抱いている。
    (大小の差はあるとしても)国民1人1人のスペックも、日本は中国に敵わないだろうなと最近思う。

    本作品もその優秀さと不気味さは健在で、あの鷲津でさえも中国の連中の掌で踊らされているような、そんな印象を抱いた。
    単純に下品なだけでは決してなく、したたかさや損得勘定などを容赦なくできる辺り、中国人はとても興味がある。

    最高の作品でした。下巻も楽しみ!


    【あらすじ】
    莫大な外貨準備高を元手に、中国が国家ファンド(CIC)を立ち上げた。
    若き買収王・賀一華(ホーイーファ)は日本最大の自動車メーカー・アカマ自動車を標的にする。
    さらに鷲津政彦を誘い出す。
    「一緒に日本を買い叩きませんか」。
    日本に絶望した男はどう動くのか。
    産業界の中枢に狙いをつけた史上最大の買収劇が始まった。



    【引用】
    p166
    「あの国には法律がない。いや、そもそも法の精神すらない。そんな国で、何をやるんだね。」

    法律は無力だ。
    所詮、法律はお上品な先進国のためにだけ機能する。
    為政者や特権階級の人間が、法律の解釈を勝手に曲げる国に未来はない。


    p247
    決断に悩む時は、3日悩むといい。
    最初の1日は、自分の考えを肯定して悩み、2日目は、徹底的に否定してみる。
    そして最後の日は、その2つをぶつける。
    そこまで悩んだ決断には、結果が自ずとついてくるものだ。

  • 11月-1。3.0点。
    ハゲタカシリーズ第3弾。今回は、自動車メーカーを巡る闘い。トヨタがモデルかな。
    ハゲタカ2.5に出てきた、賀一華も重要な人物に。
    切れ味あるストーリー。安定感。

  • 投資ファンドや投資銀行の業務内容についてストーリーを通じて理解できるため腹落ちしやすく、記憶にも残りやすいと思いました。

    大企業のM&A案件とか一生に一度手掛けてみたい。

  • 感想は下巻

  • 後編に続くための、前フリ話で特に面白いってわけじゃないが、
    後編をワクワクさせるような期待感の詰まったお話。
    じっと我慢して読みましょう。

  • ぎゃっ、読んだことあった。

  • ハゲタカの鷲津さん、続編。まだ上巻だけしか読んでないが、変わらずのワクワクする展開。今度は中国人の絡む買収劇。鷲津さんでもどこへ向くか、やり切れない時もあるのだ…

  • (上下巻合わせてのレビューです。)

    真山さん最新の文庫本。
    実は文庫化が待ちきれなくて、
    映画まで見に行った作品(しかも一人で)。
    予想通りというか期待通り、文句なしの★5つです。

    日本の架空の自動車メーカー(アカマ自動車)をめぐる
    主人公ゴールデンイーグルと中国ファンドの大買収合戦劇。
    中国という国家の大きさや複雑さが物語に表現されていて、
    今まで以上のスケールの物語になっています。

    ハゲタカシリーズもこれで3作目。
    もう続編はないのかなぁ。。
    なかなかこれまで以上の作品を出すのは難しいですが、
    真山さんには頑張ってもらいたいなぁ。。
    (なんて、思っていたら、続編が次々に出ているようです。楽しみ!)

  • ハゲタカシリーズ第三弾。
    大手自動車メーカーの買収をめぐり中国ファンドと争う話。
    第二弾に続きアランの死に関する謎かけ、
    上海へ戻った駆け出しの弁護士の女性の話がどのように鷲津と絡んでくるのか。
    伏線だらけの上巻でした。
    下巻も楽しみ。

  • ハゲタカシリーズ3作目ということで、場面転換も読みやすくなったように思う。

    今回は自動車会社の戦い。
    防衛対策を考えたり国盗り合戦みたいになってる。
    アカマ自動車の社長さんの感情が激しく、頼りないし、凛としたり、人望があったり、キャラが定まっていないような…

全150件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者を経てフリーライターに。2004年刊行のデビュー作『ハゲタカ』がベストセラーに。『マグマ』『ハゲタカ2』『レッドゾーン』『プライド』『黙示』『売国』『当確師』『海は見えるか』など、現代社会の様相に鋭く切り込む小説を発表している。

「2021年 『プレス 素晴らしきニッポンの肖像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真山仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×