アイスクリン強し (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.41
  • (92)
  • (216)
  • (304)
  • (76)
  • (16)
本棚登録 : 2153
レビュー : 259
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062770767

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あ、あ、甘酸っぱい…!!

  • しゃばけに比べて、時代考証が雑?かも、しれない
    しゃばけの方はスっ、と江戸の世に入り込めたけれども、うまく明治時代に馴染むことが出来なかった。キャラクターがちょっと現代寄りなのかもしれません。
    でも、なんとなく優しい雰囲気があって、読み物としては十分おもしろかった。ビスケット買って帰ります。

  • 章ごとにお菓子の名前がついていて、タイトルにも「アイスクリン」と西洋菓子の名が入っている本書。
    料理を描いた本では読了後しばらくその料理が食べたくなることが多いけれど、この本ではそうはならなかった。
    いまいち菓子の描写が少ないような?それがメインではないからかもしれない。

    菓子をぶちまけられたくだりでも、自分だったら一世一代の大勝負を結果勝てたからと言って自分が以前から計画して全力を注いだものから落ちたうえ、原因が自分ではないとすると恨んでも恨み切れない気がするけれど、そこについての描写はあまりなかった。それが何となく人間味がないというかうすっぺらい感じがした。
    園山さんに沙羅さんに美人ぞろい、有能揃いというのも私にはちょっと苦手なジャンルだった・・・。

  • ずいぶん前に購入していたのですが、ずっと積んでました。絶対に好きだこれ!と思って読み始めたせいか、そこまでではなかったかも…
    まあまあ面白かったです。

  • 洋菓子が出回りはじめた時代に洋菓子店を経営しつつ街で起きるトラブルを解決しちゃうお話。
    自分には合わないようで何度も最後まで読もうと挑戦してみたが全く読み進めることができず・・・。
    半分で挫折。

  • 【あらすじ】
    西洋菓子は開化の夢――。
    明治の築地居留地近く、甘い香り漂う風琴屋(ふうきんや)。今日もまた、お菓子目当ての若様たちが集って嵐が巻き起こる!

    お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が……。キュートな文明開化(スイーツ)物語。

    【感想】

  • 【最終レビュー】

    図書館貸出。

    雑誌:ダ・ヴィンチ―17.3『特集・愛すべき本とお菓子 読んで味わう、愉しむ「スイーツブックガイド(P.44~45)」紹介著書からの一冊。

    ―明治維新後の築地・居留地:西洋菓子店が舞台―

    〈店主+3人の元・幕臣の警察官達を中心に展開されるスイーツストーリー〉

    『実際の「(徳川→明治)時代の流れの変化」の「史実」』

    『当時の警察官の環境(採用条件等)』

    『当時の西洋菓子を取り巻く様相』

    『立場柄それぞれのライフスタイルの姿』

    『身近なメディアを取り巻く環境』など…

    これらを上手く混ぜ合わせながらも、シンプルな装いの描写ですが

    今の時代に重ね合わせてみても、十分にしっくりとくる印象が感じられたんです。

    登場人物は若年層が中心ですが、世代に関係なく、ただ単にスイーツを主に題材にしながらも

    〈一時、一時、変化していく中、私達はどう向き合っていけばいいのか〉

    という『現実味』もあり、その分、物語そのものが引き立っていた印象でした。

    日本史では扱われない部分での

    『きめ細やかな未知の空間』

    その点においては、こういった

    『雑学要素』があったりと、私的には気負いなく楽しめた著書といえます。

  • 沙羅の人柄は好き。ただそれぞれの人物の描写がどれも中途半端で感情移入しきれない。お菓子もたくさん登場してはいるが、物語のメインになっているわけでもなく食べてみたいと思わせるほどのものもない。連作短編集のような形だが、どれもきちんと決着がついているとは言えないのでは。決してつまらなかったわけではないけど、面白いとも言えない。設定はよかったし、登場人物にもっと厚みが欲しかった。

  • 明治という時代の移り変わりの中で、西洋菓子という新しくてフワフワキラキラしているものと、貧民窟やら戦争へと進んでいる鬱屈とした現実との対比があるのはよかったけれど…全体的にまとまりのない話に感じました。
    これ、主人公は真次郎だよね? 長瀬じゃないの?
    と思うくらいに、主人公の人物描写が曖昧でした。長瀬についての描写の方が多かったんじゃないかと思う。他の登場人物の描写も微妙だったし、ストーリーも…。
    一つ一つのストーリーの起承転結もふわっとした曖昧なものだし、それで事が解決してるの?というような終わり方だったり、ストーリー同士の繋がりはあるのかないのか…。
    「ゼリケーキ儚し」は、結果どうなったのかその後のストーリーに描かれてるわけでもなし、中途半端どころではない。

    お菓子作りの描写に惹かれるという人もいるとは思うけれど、正直この時代の西洋菓子がそこまで美味しかったとも思えないし…私にはあわない設定やお話でした。

  • 江戸から明治に移った新時代の雰囲気と変化から取り残される混乱がちょっと分かる

全259件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

アイスクリン強し (講談社文庫)のその他の作品

アイスクリン強し 単行本 アイスクリン強し 畠中恵

畠中恵の作品

ツイートする