ちょー美女と野獣 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)

著者 :
制作 : 宮城 とおこ 
  • 集英社
3.81
  • (196)
  • (124)
  • (305)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 1017
レビュー : 166
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784086143226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大変軽くてキャラクターの個性が光って読み易い。小説や活字に抵抗のある人に、アニメを勧めるが如く気軽にお勧め出来ます。恋愛要素より家族愛や友愛に寄っているので男女を問う事もないでしょう。宮城氏のイラストも大変綺麗で、ライトノベルとして完成された一冊です。
    キャラクターの関係の複雑化に追いつくのは大変ですが、それさえ乗り越えれば大変面白い作品です。
    ちょっと変わったファンタジーとして、新鮮な感動があると思います。

  • 王子様姿よりモフモフの獣すがたが大好きなお姫様がかわいいお。余談だけどこの挿絵書いてる人コバルトイラストで賞をとってこの作品がデビューのはずだおね。BLっぽい絵だなておもったら案の定BL漫画家になってたお

  • これぞラノベ!! これぞ少女小説!!

    痛快、ファンタジー、美女美男、ひたすららぶらぶ

    悪役?そんなのいません。
    みんな愛すべき素敵な人間なのです

  • 中学生のときにハマった作品。
    ちょー美人で獣好きで口が悪いダイヤモンドと、ある日魔法で獣にさせられた(序盤で魔法解くんだけど、のちに自由に獣に変身できるように魔法かけてもらうんだよね)ジオラルドの物語。
    コレ一冊でも十分楽しめる。面白い。ギャグ入ってます(笑)
    個人的にはアラン王子大好きだよーしっぽふさふさかわゆすだものw

  • コバルト文庫。ギャグ、シリアス、おとぎ話要素、王道展開も含まれてる?
    ファンタジー世界が舞台の続きもの。完結済。
    外伝的シリーズもあり。
    ナンバリングしてないので順番がわかりにくいかもしれない。

    ヒロイン(主人公)のダイヤモンド姫は絶世の美女。
    呪いをかけられていたジオラルド王子がむしろヒロインに見えてきます。

    個性的なキャラクターたちが繰り広げる、魔法と愛(広い意味で?)の物語・・・でしょうか。
    個人的に魔法の詠唱とか色々ツボだったな。

  • 私の青春。嘘です。
    小学生の頃だろうか、かなりはまったね
    今でも宮城さんともども大好きです
    最終巻の発売日に学校早退して本屋行ったら最後の一冊だったのはいい思い出。

  • 出会いは小学六年生。
    友達にすすめられて買ったのよねぇ・・・確か。

  • シリーズがやたら長いですが、発売当初から買ってたので
    そこは全然気になりませんでした。

    シリーズが完結したときは悲しかったけど
    魔王シリーズで復活してくれたときは感激いたしましたw
    ファンレター書いたなぁ・・・w笑

  • 野梨原花南さんの描写が美しい・・・!久々に読むとその表現力にうっとり。

  • 好きなシリーズ小説の1作目.

著者プロフィール

作家。富士見L文庫での作品に「マルタ・サギーは探偵ですか?」シリーズ、「妖怪と小説家」などがある。

「2017年 『鳩子さんとあやかし暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちょー美女と野獣 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)のその他の作品

野梨原花南の作品

ツイートする