堕落論 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.65
  • (49)
  • (60)
  • (112)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 842
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520026

作品紹介・あらすじ

「日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ」生きよ、堕ちよ。堕ちること以外の中に人間を救う道はない、と説く「堕落論」。救われない孤独の中に、常に精神の自由を見出し、戦後の思想と文学のヒーローとなった著者の、代表的作品を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 久しぶりに「堕落論」が読みたくなった。
    「堕落論」「続・堕落論」

    手と足の二十本の爪を血ににじませ、はぎ落して、
    じりじりと天国へ近づく以外に道があろうか。
    すなわち堕落は常に孤独なものであり、他の人々に
    見すてられ…。


    カッコイイ…。


    「地獄へ堕ちよ」「堕落せよ」と、何回も書かれているけど
    愛情を感じるし、手を差し伸べられているようで本に励まされた。


    痛烈、痛快で気持ちいい。
    激しいメッセージだけどやさしい。
    古い作品っていいもんだなぁ。
    しみじみと感じました。
    温故知新。
    目からうろこでした。

    何度でも読み返したいし、たぶん凹んでいる時や
    落ち込んでいる時は抜群に効くと思う。


    でも「日本文化私観」は難しくって…分からなくって
    「すんません」って感じ。

    「堕落論」「続・堕落論」「恋愛論」
    「不良少年とキリスト」「桜の森の満開の下」←◎など
    が掲載されているので、かなりお得な気分です♪

  • おそらく、日本が負けた戦後、「これからどうしよう」という絶望に満ちた日本国民を想って坂口安吾が書いたエッセイではと思います。堕落というのは、僕たちがイメージする落ちぶれたという意味の堕落じゃなくて、「またやり直そうよ」という意味での堕落なんだと思います。もう少し言えば、今まで伝統的であった天皇制・武士道・耐乏の精神からの脱却です。まあ、全部そういうものを脱いで裸になって、もう一回新しい人間として生まれ変わろうよ、ということだと思います。今回の東日本大震災にも似たようなことを言える気が、しないでもないのではないでしょうか。

  • (趣旨)
    1. 人間は堕落する。そんな人間を戦闘にかりたてる為に、武人は武士道をあみだし、軍人政治家は天皇を担ぎ出した。

    2. 敗戦後、天皇の絶対性は廃止され象徴化に変わり、武士道は滅びた。町に目をやれば、未亡人は新たな出逢いに胸を膨らませ、特攻隊の勇士は闇屋に転じている。

    3. このように人間が堕落したのは戦争に負けたからではない。人間だから堕落したのだ。

    4. しかし人間は困難には脆弱なため、堕落し切るには弱すぎる。弱いから統率を図るため結局また武士道や天皇を担ぎ出そうとするだろう。

    5. 人間が本当の自身を発見するためには堕落し切ることが必要だ。これが自身を救うことにつながる。天皇の絶対性及び武士道の復活、また政治による救いなどは愚かである。

    (個人的な意見)
    1. 人間は堕落するものである。そんな自分を律するのは、自身の持つ強い心である。

    2. とはいえ、人間は常に強い心を持てるわけではない。

    3. そこで大事なのは自身を励まし応援してくれる友の存在である。落ち込んでいるとき、友の信頼に応えようとするこで自分を奮い立たせる勇気が湧き、自分を律し前進することができるはずだ。

  • 堕ちるところまで堕ちたら、あとは上がるしかないっていう。でも堕ちきるにも覚悟が必要だと。
    中途半端な堕落がいちばんダメです。

  • 評論から短編まで、けっこう盛りだくさんな内容です。
    どれをとっても痛快です。
    書かれた時期を考えてもすごいですね。

    日本文化の見方は目から鱗。

    太宰の話もおもろい。

    しばらくしてから、また読もう。
    5年後くらいかな…。

  • ううん。表紙これじゃないからちょっとくやしいなあ。
    集英社の前の表紙ですがな。

  • 旧表紙版。堕落論は色々な形で色々な本に収録されているけれど、作品バランスでは集英社文庫の作品の選び方が一番好き。
    「文学のふるさと」を読んだとき、自分が普段思っていることと当に被っていてとても嬉しかった記憶がある。今も一番好きな作品。
    アウトローで潔くて男前で、ちょっとキザで、そんな自分をコンチクショウとばかりに罵倒する、そんな姿勢がたまらなく格好良い。その反面、心の琴線の涙もろいところをふいにぎゅっと鷲掴む…そんな繊細さも隠し持っていて本当ににくいヒトだなあと思う。

  • あまり、長々と書かない方が しっかりレビューできそうなので、簡潔に。

    大雑把だけれども、見るとこ見てます。
    臆面もなく、おそらく言葉もあまり選ばず、言う。
    彼は 自身をさらけ出すことを厭わない。

    このおっさん、ロックです。

  •  何かに囚われてしまうということ、それを嬉々として受け入れて思考停止のまま踊っている人間、そういうものに対する嫌悪を本書からは強く感じる。終戦期に発表されるや一気に話題となったのは、読み手が戦時体制への批判を程よい羞恥心を伴って反芻できたからか。一方で、2009年に生きる自分の心にも安吾の言葉が響くのはなぜか。

     ここでいう堕落は、「いわゆる堕落」とは違う。制度や伝統や価値観、そういうものが生み出す茶番を示して、人間本来の姿への回帰を説く。その回帰が「堕落」と呼ばれるのなら、甘んじて堕落の道を行こうではないかと語りかけている。

      『生きよ堕ちよ、その正当な手順のほかに、真に人間を救い得る便利な近道がありうるだろうか』(本文抜粋)。人間存在を真摯に見つめていればこそ、かくも硬派な評論ができる。一見シニシズムに陥っているようだがそうではない。大きな愛に満ちているテクストだ。

  • 死にそうになったら再度読むかもしれない本の一つです。

全72件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

堕落論 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×