プライド (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (34)
  • (99)
  • (132)
  • (21)
  • (1)
本棚登録 : 739
レビュー : 92
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101390512

作品紹介・あらすじ

確信犯的に期限切れ食材を使った菓子職人の胸中に迫る表題作、変人官僚が事業仕分け人と対決する「一俵の重み」。逆境を支えるのがプライドなら、人を狂わせるのもまたプライド。現代を生き抜くために、絶対に譲れないものは何か。社会問題の深層に潜む、現場の人々の一筋縄ではいかない思いに光を当て、深層心理まで描きこんだ極上フィクション六編と掌編「歴史的瞬間」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ハゲタカ」シリーズが代表の真山仁の、主に農業と食をテーマにした短編集。現代日本が抱える問題(解説者はタブーという)に迫り、読後あなたはどうなんだと問いかけられる。『暴言大臣』で大臣に語らせている。「誤解を招くのは承知で言うがね。この国を滅ぼす最大の元凶は、団塊の世代だよ。奴らは、ずっと勘違いしている。自分たちだけが、日本の高度経済成長を支えてきた、日本で唯一市民運動に立ち上がった世代、そして、元気な年寄りとして日本社会を支えていると思い上がっている。私に言わせれば、厚顔無恥もいいところだ」団塊世代の尻尾に属する身としては、耳に痛い。真山氏の本音も少し入っているか。最近の新聞の論調にも、世代論がしばしば掲載され、年金持ち逃げ世代だとか、平成不況は団塊世代が招いた、などなどかまびすしい。しかし、世代論ですべてが語られるほど現在の状況は、簡単ではないと思うが。

  • 事業仕分け問題、医療ミス事件、食品偽装事件など、
    ここ最近の間に紙面をにぎわせた、日本の社会問題を背景に、
    真山仁の独特の視点で切り込んでいった短編集です。

    各短編(全6話)の最後には、
    予想もしていなかった落ちがあり、それがまた面白い。


    「正義」とは何か、そして「プライド」とは何か、
    私は、あらためて考えさせられました。

  • 事業仕分け問題、医療ミス、食品偽装、そして農業問題をテーマにした短編集。

    特に農業についての話が興味深かった。

  • 初めての真山作品。
    長編を読んでみよ。

  • 真山仁さんの作品には珍しい短編集です。医者がテーマだったり農業がテーマだったり養蚕がテーマだったりと、ハゲタカシリーズに慣れている読者は若干驚くかもしれませんが、そこは真山仁作品!読んでいる内にドンドン引き込まれて行きます。

  • 長編小説になった元ネタの短篇集
    ・一俵の重み
    ・医は・・・
    ・絹の道
    ・プライド
    ・暴言大臣
    ・ミツバチが消えた夏

    蚕の話の絹の道は、興味深かった。

  • 社会問題の深層に潜む、現場の人々の一筋縄ではいかない思いに光を当て、深層心理まで描きこんだ極上フィクション六編と掌編「歴史的瞬間」を収録。(e-hon)より

  • 『ハゲタカ』で有名な真山氏の短編集、7編。

    食品会社、医者、農家、養蚕家、養蜂家...など、様々な者たちの持つプライドとは?

    企業買収や災害対策など、テーマは、あらゆる社会問題に渡るなかで、今回は、主に農業がメインテーマ。

    農水省官僚の米野の言葉が、心に響きます。

    「土は全ての実りの礎。土が痩せていれば、まともな作物は出来ない。おまえが、身を挺して土になれ。」

  • プライドをテーマにした短篇集。
    政治、農業、医療等様々な話があったが
    どれも興味深く面白かった。

    初読み作家さんだったので他の作品も読みたいと思います。

  • 【感想】
    真山仁の短編集。
    読みやすかったけども、やはり短編集なので少し内容が薄かった気がする・・・
    初っ端の米野は特にキャラが立っていて、物語も非常に面白かったので、もう少し長くても良かったかなーと思った。

    でもやはり、真山仁は長編モノでこそ生きるねぇ


    【あらすじ】
    確信犯的に期限切れ食材を使った菓子職人の胸中に迫る表題作、変人官僚が事業仕分け人と対決する「一俵の重み」。
    逆境を支えるのがプライドなら、人を狂わせるのもまたプライド。
    現代を生き抜くために、絶対に譲れないものは何か。
    社会問題の深層に潜む、現場の人々の一筋縄ではいかない思いに光を当て、深層心理まで描きこんだ極上フィクション六編と掌編「歴史的瞬間」を収録。



    【引用】
    p33
    政治って何なんでしょうか?
    権力者が、己が力をひけらかす場だ。


    p41
    恫喝することこそ、威厳の証だと大臣は思っているようだ。
    だが不思議なもので、声高に喚き散らす者ほど、組織での存在は軽くなる。
    むしろ米野のように柳のようにしなやかに相手の怒りや非難をかわす知恵者に尊敬が集まるのだ。


    p63
    官僚とは、土だ。
    土はすべての実りの礎だが、土が痩せてたり腐ってしまえば、まともな作物などできはしない。
    どれだけ素晴らしいたねでも、土がダメなら実りの季節はこない。


    p301
    スポーツ観戦でいつも感じるのだが、どれだけ技量や力があっても、勝敗を決するのはメンタル部分にある。
    どれほど追い詰められても、絶対にピンチを切り抜けるという一念が、本人の能力以上のパフォーマンスを引き出すことがある。
    反対に、自身の能力を過信すると、必ず手痛いしっぺ返しを食らう。
    その境界線は非常に曖昧で、時々刻々と変化する。

全92件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

プライド (新潮文庫)のその他の作品

プライド 単行本 プライド 真山仁
プライド(新潮文庫) Kindle版 プライド(新潮文庫) 真山仁

真山仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プライド (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする