残像に口紅を (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (169)
  • (306)
  • (435)
  • (169)
  • (52)
本棚登録 : 6810
感想 : 469
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122022874

作品紹介・あらすじ

「あ」が使えなくなると、「愛」も「あなた」も消えてしまった。世界からひとつ、またひとつと、ことばが消えてゆく。愛するものを失うことは、とても哀しい…。言語が消滅するなかで、執筆し、飲食し、講演し、交情する小説家を描き、その後の著者自身の断筆状況を予感させる、究極の実験的長篇小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 語彙力を鍛える方法として、制限をつけてみることもひとつの手であると思います。

    例えば、普段何気なく使っている書き癖のようなもの、自分であれば、「確かに」という言葉が多く使われることがあるので、それを代用するかたちで、違う単語を考えてみる。

    文を書くときに意識的に書いているつもりでも、実は半意識的な部分があって、何を書くかという点については、頭で考えているが、日頃使っているフレーズを、無意識のうちに使いまわしたように創作してしまう。

    今こうして、同じ単語をなるべく使わないよう、気を使いながら並び替えてみるだけでも、日本語の文法そのものが危うくなるかもしれませんが、「捻り出す」という作業が生まれるのです。


    さて、感想を書く前に、ゴタゴタと戯言を書いてしまいました。

    この本は、単語ではなく、ひらがなが一文字ずつ消えていく世界で過ごすという話です。
    消えていった「かな」は2度と復活することはなく、最初は「あ」から消えていく。

    「あ」が消えたら、それだけでも相当苦労するのではないか、と思いきや、そんな心配をよそに、どんどん消えていく。

    あまり使われていない「かな」から消えているという前提はあれど、普通に話が進んでいく様子を眺めて、改めて日本語の語彙の多さと、自分の手持ちの少なさを感じさせられます。

    消していくにあたって、なぜかルールを作ったり、例外を使ったりしているのをみて、なんだか物語に巻き込まれた感があり、その制限の中で言葉を選ぶ世界に、ちょっとうっとりしながらも、実際にそうなったら面倒だなと。

    そんなふうにして、この本にハマって、テンポよく読み切ることができました。

    タイトルから中身が想像できない本は、クチコミからきっかけで読むことが多く、この本もそのひとつでした。

    ついタイトル買いしてしまう自分にとって、見落としている名作が他にもあるかもしれない、とこういう本を読むと毎回思うのです。

  • ◯文字が徐々に消えていく小説で、いかなる内容を描写していくのか、興味深く読んでいたが、いささか小説として何をか感じるのは難しかった。
    ◯文字が減っていく中で、豊富な語彙力を駆使して文書を紡いでいく様は圧巻。また、物語としても展開が小説的に自然に進んでいくのも凄みを感じる。
    ◯少ない単語の中で展開されるシーンの一つ一つにも、少ない故に選ばれており、演出もそれに応じたものになっていると思われる。例えば、講演での
    尊大な語り口や、言葉が足りないからこそ、悲しい伝記など、さすがと思う。
    ◯やはり表現の自由な小説を読みたい。他者への影響は多々あるかもしれないが、それをそれだけで受け取ることなく、読む側にとっても小説では自由でありたい。

  • マンガ「幽遊白書」で、私がいちばん好きな戦闘…それは、蔵馬と海藤の言葉によるバトルです。
    確か1分につき、使えるひらがなが1文字ずつ消えていくなかでの戦いで、言葉遊びがすごく面白かったのです。

    その元ネタになった小説がこちらの「口紅に残像を」だと知り、読んでみました。

    なんとも実験的な小説で、ストーリーはかなり無理がありますが、それでも、だんだん少なくなる文字数で、ここまで書けるんだ…とおどろきました。
    特に、主人公の情事シーンが圧巻…
    たとえの応酬ばかりなのに、それがかえってものすごく色っぽくなっていて、もう降参!という感じでした。

    ストーリーを求めたい人には向いていませんが、言葉と表現と小説の限界をみたい方は、一度その世界をのぞいてみてもよいかもしれません。
    ただし、後半にいけばいくほど辞書は必須です。

  • TikTokで話題になり今年重版した本書。
    私は3、4年前にTVアメトークで注目された時に購入。ずっと積読してました。

    30年以上前に書かれた実験的SF小説。
    主人公の小説家:佐治勝夫は、筒井先生ご本人でしょう。
    代表作が『夜走り少女』と、自虐してる記述には笑ってしまった…筒井先生は『時をかける少女』が代表作と言われるのはお嫌い⁈

    文字が消えていく…「あ」が消えると妻から「あなた」と呼ばれず「もしもし」と呼びかけられたり。奇想天外で語彙が豊富。ほぼ文字が消えても書き続けられていて驚愕でした。挿絵も楽しい。

  • 言葉がなくなって得られる幸せと消えていく大切なもの。
    悲しくて苦しくて切ない感じに引き込まれていくそんな本だった。



    もし、今日世界から言葉が消えたらあなたは一体どうなりますか。

  • 読書芸人でカズレーザーが紹介していた本。
    「幽遊白書」の元ネタになったということで興味を持ち購入、読了。

    「文字が一つ一つ失われていく」という非常に変わった小説。
    しかも「会話文」だけでなく「すべての文書」から文字が消えていくという驚愕の設定。
    「究極の実験的長篇小説」という言葉がとても巧く表現しているように思う。

    文字が失われていくにも関わらず、多彩な文章表現で違和感無く物語を綴っていく筆力には、ただただ圧倒された。
    特に瑠璃子と交わるシーンでは、普通の小説と大差無く、むしろさらに妖艶な雰囲気が出ているようにすら感じられた。
    限定された条件だからこそ、本来持っているポテンシャルが余すところ無く発揮されていたようにも思う。

    一方で、物語全体としては非常に動きが少なく、中盤からの中だるみ感は否めなかった。
    個人的には「技巧に特化」し過ぎている感じが最後まで残り、全体として何となく薄っぺらく感じてしまった。
    自分との相性はあまり良くなかったかも。

    「筆力」を考慮し、全体評価としては3点とした。

    <印象に残った言葉>
    ・実はこの小説の冒頭から、五つの母音のうちひとつがすでに失われているんだ。気がついていたかい(P21、津田)

    ・それはやはり、お傍にまいるからには、君の横に並んで、自分のからだをそっと横たえることになります。当然、そのまま何もしないでじっとしていることには耐えられないから、じわり、じわり、と自分の片手を、畳の上に投げ出された君の手に伸ばしていくことでしょう。その片手の先、鋭い触感の密なる部分が密なる部分にそっとさわって、それはつまりわたしと君のからだの史上最初の部分的つながりということになります。(P159、佐治)

    <内容(Amazonより)>
    「あ」が使えなくなると、「愛」も「あなた」も消えてしまった。世界からひとつ、またひとつと、ことばが消えてゆく。愛するものを失うことは、とても哀しい…。言語が消滅するなかで、執筆し、飲食し、講演し、交情する小説家を描き、その後の著者自身の断筆状況を予感させる、究極の実験的長篇小説。

  • 高校時代に読んで、おとなになってからも再読しています。今回で3度目だと記憶しています。
    作家としてのチャレンジとは、このことですよね。
    筒井康隆さんはやっぱりすごい人だー!と何度読んでも思います。最初に読んだ時からは30年程度経過しているのですが、「大人として、作家として成功している人が、自分の扱う文字・文章という世界で文字をどんどん失っていく」というシチュエーションにチャレンジした、ということは本当に衝撃なことでした。
    おとなになった今、読んだ方が、その凄さがわかると思います。
    私も今やっている仕事に、人生に、、、ずっとずっとチャレンジしていきたいなと思います。

  • 以前から読みたいと思っていた。五十音が少しずつ消えていくという斬新で実験的な作品。
    とにかく作者の筒井さんのボキャブラリーの多さに脱帽した。妻も三人の娘のことも名前に含まれる音が消えることで存在は消えてしまうのだが、妻や母、父、娘という単語が消えていない限り主人公はそれらを認識出来るという仕組みで残酷とさえいっても過言ではない。
    音が消えていく中で主人公は作家として官能シーンや檀上で限られた音を駆使してスピーチにチャレンジをする挑戦も。流石に後半には大半の音がなくなったために支離滅裂な感じがしたがそれでも文章になっていてすごいと感服した。

    ※本文も一音を意図的に消失させて記述

  • 以前カズレーザーさんがおすすめしていたので読んでみた。

    世界から音が一音ずつ消失する物語。
    はじめは物語内の会話から音がなくなるのかと思っていたが、まさかこの物語自体からもなくなっていくとは…

    音がだんだんと消えていくが、違和感なく読み進められる。筒井さんの語彙力に圧巻。
    ただ、使える音で表現をしようとすると、どうしても出てくる言葉や漢字は普段使わないものが多くなるので辞書は必須となる。

    言葉選びはすごいが、中盤からは使える音も少なくなり、物語もなかなか進行しないのでどうしても中弛みはしてしまう。

  • 音がなくなることで新しい文章表現が生まれてくる。それを楽しむ小説としては面白い。
    特に、第二章のはじめは圧巻だった。

    音が消えることやタイトルが重大な伏線になっているのだと思って読んでしまったので、全体を通した物語になっているわけではなく、実験的小説の域を出ないのが少し残念だった。

    物語重視の人にはおすすめできないけど、純粋に読み物が好きだという人にはおすすめできる。

全469件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年、大阪市生まれ。65年、第1作品集『東海道戦争』刊行。『虚人たち』で泉鏡花文学賞、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、『朝のガスパール』で日本SF大賞、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。

「2022年 『人類よさらば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
村上 春樹
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×