筒井康隆のおすすめランキング

プロフィール

1934年大阪府生まれ。小説家。同志社大学文学部卒業。81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、89年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞、2002年紫綬褒章、10年菊池寛賞、17年『モナドの領域』で毎日芸術賞。他の著書『時をかける少女』『家族八景』『虚航船団』『文学部唯野教授』『銀齢の果て』『聖痕』『創作の極意と掟』など。

「2019年 『深淵と浮遊 現代作家自己ベストセレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井康隆のおすすめランキングのアイテム一覧

筒井康隆のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『旅のラゴス (新潮文庫)』や『時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)』や『家族八景 (新潮文庫)』など筒井康隆の全871作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

旅のラゴス (新潮文庫)

9846
3.83
筒井康隆 1994年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなかに良かった! 「私のこのウツウツとした感じ…もしかして旅を求めてるのでは…?」と変な影響を受ける笑 まず手に取ってみて、この薄さは、と驚く。 (... もっと読む

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

5639
3.34
筒井康隆 2006年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もっと早く、小中高生で読んでいればもっと楽しめただろうに20台も半ばになって初めて読んで後悔している。短編が3本入っているのも初めて知った。(時をかける少... もっと読む

家族八景 (新潮文庫)

4810
3.67
筒井康隆 1975年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.6.7 読了。 ・エスパーで家政婦の七瀬が主人公の短編集。死の直前や精神崩壊の直前の描写が印象的でした。この小説が昭和47年に書かれたものと... もっと読む

残像に口紅を (中公文庫)

3864
3.43
筒井康隆 1995年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

◯文字が徐々に消えていく小説で、いかなる内容を描写していくのか、興味深く読んでいたが、いささか小説として何をか感じるのは難しかった。 ◯文字が減っていく中... もっと読む

ロートレック荘事件 (新潮文庫)

3809
3.42
筒井康隆 1995年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

178ページ、混乱してしまいました。 何度も何度もめくり直して、読み返してようやく、理解が追いついてきました。 普段ミステリー慣れしていないのもあると思い... もっと読む

七瀬ふたたび (新潮文庫)

3490
3.66
筒井康隆 1978年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三部作の2巻目に当たる本作は、読み終わってふと思い返すとSF小説だったのだと感心する。 特殊能力者の一致団結力はアベンジャーズを思い出させるような活躍で、... もっと読む

パプリカ (新潮文庫)

3331
3.60
筒井康隆 2002年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パプリカ 筒井康隆さん 1.購読動機 48億の妄想が初めての購読。 メディアへの役割と警鐘がテーマでした。 フィクションの中にリアリティかみえました。 ... もっと読む

笑うな (新潮文庫)

2598
3.44
筒井康隆 1980年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筒井康隆が読みたくて著者名からなんとなく見つけた一冊。SFでショートショートなだけあって星新一と似てるなと思う作品もあったけど、こちらの方がブラックユーモ... もっと読む

エディプスの恋人 (新潮文庫)

2596
3.53
筒井康隆 1981年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知らなくていいこと、ってあるよね もっと読む

富豪刑事 (新潮文庫)

2031
3.39
筒井康隆 1984年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが「SF御三家」の一人! ミステリー作家ではない事を逆手に取った書き方!面白い! 別に映像化などは、意識してないかもしれんけど、これが映像化された時、... もっと読む

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

1883
3.73
筒井康隆 2000年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白く読み通せたがどこまでがパロディでどこまでが真面目か分からなくなる もっと読む

最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集1 (新潮文庫)

1757
3.48
筒井康隆 2002年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筒井康隆の文体と世界観は時々摂取したくなるし、一回摂取すると次々に読みたくなる中毒性を持っている。今回初めて筒井康隆の短編集を読んで、ドタバタ傑作集という... もっと読む

日本以外全部沈没 パニック短篇集 (角川文庫)

1459
3.22
筒井康隆 2006年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日本以外全部沈没」★★  タイトル通り。  登場人物紹介はあるものの、やはりわからないから面白みに欠ける。 「あるいは酒でいっぱいの海」★★★★ ... もっと読む

アホの壁 (新潮新書)

1062
3.02
筒井康隆 2010年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筒井康隆にしちゃつまんない本だな。BOOK OFFに売り飛ばすべきかどうか悩むレベル。 もっと読む

虚航船団 (新潮文庫)

1024
3.79
筒井康隆 1992年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神話→歴史→SFという歴史的成立過程を倒置し、気狂いだらけの異様な文房具たち、迫力すら感じる歴史書・通史のカリカチュアを経て、"神話"と銘打たれたブンガク... もっと読む

くたばれPTA (新潮文庫)

867
3.41
筒井康隆 2015年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筒井康隆のアイディアが冴え渡る至高のショートショート集。わずか10ページ足らずのショートショートばかりではあるが、読み応えがあり、どれもしっかりとオチのつ... もっと読む

創作の極意と掟

805
3.83
筒井康隆 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 “これは、作家としての遺言”  『時をかける少女』『家族八景』等で知られる日本屈指の文豪、筒井康隆が送る正しき文の書き方作法。小説とはいかにして成り立... もっと読む

虚人たち (中公文庫)

793
3.38
筒井康隆 1998年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「虚人」とは「虚構の人物」の略のようなものだと解釈しました。主人公は自分が虚構の中の人物=小説の中のキャラクターだということを自覚しており、作者によって召... もっと読む

夢の木坂分岐点 (新潮文庫)

680
3.63
筒井康隆 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

筒井康隆 「 夢の木坂分岐点 」 自分と影、異なる3つの空間(現実、夢、虚構)を 行ったり来たりすることで 重層構造を持たせた メタフィクション小説 ... もっと読む

モナドの領域

680
3.30
筒井康隆 2015年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの筒井康隆。 相変わらず難解かつ、メタだけど、読んでて楽しい! もっと読む
全871アイテム中 1 - 20件を表示

筒井康隆の関連サイト

筒井康隆に関連する談話室の質問

ツイートする
×