13番目の物語 下

  • 日本放送出版協会
4.07
  • (19)
  • (24)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 123
感想 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140055472

作品紹介・あらすじ

著名なベストセラー作家でありながら、本当の姿を明かすことなく生きてきたヴァイダ。古書店を手伝いながら小さな伝記物を書いて静かに暮らしていたマーガレット。ふたりがひとつの作品に取りくんだとき、とてつもない「真実の物語」が産声をあげた。守りぬかれた秘密、禁じられた遊び、決して揃わないカード…そして、最後に謎を解く鍵を握る者はだれか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上巻読んだらやめられず、下巻一気読み。途中から「おや?」の伏線があり、展開がとても楽しみになってゆく。登場人物の一人一人に不思議な魅力があり、物語がいくつも重なって明らかにされてゆく。とてもいいです。

  • 読みながら、これはミステリーに分類かと思ったが、読み終わる頃には、単純にミステリーの枠に入れてはいけない気がした。「物語る物語」という印象が強いものを久しぶりに読んだ気がする。ある人物の死亡が一つの区切りとなり、今いる時間、そして未来へと歩んでいく道筋が見えてくるので、充足感たっぷりでありながらへたに尾をひくこともなく、すっきりとした気分で本を閉じることができた。

  • 素晴らしかった。

  • 最後までゴシック全開で突っ走るが、最後に脇に小さな救いを置く辺り、ストーリーテラーとしてとても巧み。これが初作とは。

  • 「あなたが聞かされるのは真実ではない。それは物語なのだ。しかも、物語のほかはなにひとつ口にされることはない。」

    最後の秘密の暴露が見事。伏線が伏線であることはわかっていたが、そうくるとは思わなかった。翻訳者の苦労がしのばれる。解決されずに残された謎が、すごく気になるような、このままでいいような。

  • なるほど!!
    そうなんだ~~
    意外感はなかった
    楽しませてもらいました

  • なんとも不思議な感じ。
    全体的に暗い話だけど、ハッピーエンド。

  • ぎっしりとドライフルーツの詰まったブランデーの効いたフルーツケーキのよう。知っている味、馴染みのある味なのに、格別に美味しい。腰を据えて、じっくりゆっくり味わう喜びを感じさてもらえた。
    伏線がふっと浮かび上がって、すべてのピースが嵌って、なお余韻のある終わりも、物語の醍醐味。

  • 面白かったです。
    読後感はなんともうら淋しいような、しんみりするような。
    う?ん・・・幾つか気になることも残ってますしね!
    でもそれは不本意な伏線の未回収とかでは無く、筆者の狙い通りのモヤッと感なんですよね。効果的に本作をミステリアスに仕立ててます。

    読後、もう一度頭から読み返したくなる一冊。

    デビュー作とは思えない完成度です!
    本当に人物像がしっかりしています。怖いくらい。現実のことと勘違いしそうになりました。お馬鹿さんな読者なもので(笑)

    筆者の本に対する愛情がよく伝わってくる作品ですね。

全30件中 1 - 10件を表示

ダイアン・セッターフィールドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
キャロル・オコン...
東野 圭吾
トム・ロブ スミ...
カルロス・ルイス...
冲方 丁
桜庭 一樹
ジェイムズ・P・...
ケイト・モートン
劇団ひとり
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×