生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見

著者 :
  • 文藝春秋
3.53
  • (9)
  • (41)
  • (41)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 311
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163756707

作品紹介・あらすじ

福岡ハカセが生命と記憶をめぐる長い旅の末、たどり着いた、清冽なナチュラリスト宣言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 404

  • 遅ればせながら、読みました(三省堂本店でサイン入りを買ってたんです)。エッセイをまとめたものですが、短い文章にもきめ細かさと奥行きがありますね。いいですね。

  • 著者のファンなので、こういう短編というか日記やメモっぽい本もまた違った味があってよかった。
    この本から読んだ人はつまらないとおもっちゃいそうだけど。

  • 週刊文春に掲載されていた生物学者・福岡先生のコラムをまとめた書籍の第2弾。
    『ルリボシカミキリの青』が第1弾。

    たんぱく質やアミノ酸や大腸菌や遺伝子や蜂のことを、先生の面白おかしいエピソードと合わせて教えてくれる。
    先生が好きな画家・フェルメールや先生が感銘を受けた本のことを、先生の思い出と合わせて話してくれる。
    まったく堅苦しくなく専門的な話に触れられるので、福岡先生の本は大好きなのです。
    特にこのコラム集2冊はオススメです。

  • 繰り返し、書き飛ばしが目立つようになってきた。売れて忙しくなる人の通る道で、自覚があれば軌道修正してくれるだろう。

  • 読みながら「なるほどなぁ」と、何度も呟く。

    著者の、心根の優しさがジンワリ伝わる
    とても読み心地の良いエッセイ集です。

    平凡な毎日も、壮大な世界の上に成り立っていることに
    改めて気づかせてくれます。

  • サイエンスがとにかくわかりやすい!

  • 福岡ハカセがTVに出るたびになんと面白い人だろう!と思っていたので普段読まないジャンルでしたが読ませていただきました。理数系の人は現実的とか言われるけど想像力がなきゃここまでの思考にはたどり着かないよなぁ。うん、読まず嫌いはいけませんね。大変読みやすく面白かったです。

  • らせん階段で綺麗に締まった ズドン(*´□`σ)σ

  • 軽いエッセイ。随所に、福岡ワールド。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡伸一 (ふくおか・しんいち)
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。

「2019年 『フェルメール 隠された次元』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見のその他の作品

福岡伸一の作品

生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見を本棚に登録しているひと

ツイートする