僕のハーバードMBA留学記 金融資本主義を超えて (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.00
  • (47)
  • (60)
  • (31)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 384
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167753801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は開成→東大法(在学中に司法試験合格)→ボストンコンサルティングと進み、ハーバードビジネススクールも優秀な成績で卒業し、ライフネット生命を立ち上げたらしい麗しい経歴の持ち主である。

    この本では、ハーバードビジネススクールの人達がどんな人達か、どんな授業が行われているかが書かれている。俺には縁のなさそうな世界なので、「トップエリートってこんなことを考えてるんだ〜」というのを知るのには良い本だと思う。

    ただ、岩瀬大輔にこれだけの経歴がなかったら、果たしてこの人に俺は興味を持っただろうか、と思う。経歴以上の魅力がある人なのだろうか、と。

    今後のライフネット生命がどうなっていくかで、この人の真価が問われるんだろうな。

  • アメリカ型経済の終焉。

  • ブログを本にしたためかものすごく読みにくい。
    話が長いというか・・
    言いたいことが伝わってこず、途中で本を置きました。

  • 20代で米国ハーバード経営大学院を成績上位5%で卒業した著者が、留学中の世界のビジネスエリート達との交友を通じ、金融資本主義の支配者層がなにを考え、どう行動するのかをリアルに分析する。ファンドマネーが世界を席巻している時期に、金融資本主義の将来に疑問を提起していた著者の洞察力は見事の一語に尽きる。
    ---
    第1章 君は信念を持っているか
    第2章 海軍に入るより海賊たれ
    第3章 お前はジャパニーズだ
    第4章 大聖堂を建てる仕事
    第5章 ファンドバブル崩壊前夜
    第6章 計画された偶然性
    ---
    さして心を突くのなし。だが、次のは再読の余地ありかも。
    25-6, 157, 287-8, 289-90-91, 295, 304, 308-9, 311, 335-7, 341,

著者プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩瀬大輔の作品

ツイートする