女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方

制作 : 池川 明 
  • 河出書房新社
3.32
  • (3)
  • (7)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 109
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309285009

作品紹介・あらすじ

イライラ、体の不調、月経トラブル……
それは、子宮が冷えているせいかもしれません。
今すぐできる26のあったか習慣で、こんなにいいことが!!
・ 月経が整う
・ 美肌・美ボディになる
・ 免疫力がアップする
・ 人間関係が好転する
・ 自分のことを好きになれる
・ 赤ちゃんが授かりやすくなる…etc

子宮と向き合えば、ブレない自分になれる!

「生理痛が軽くなった」
「月経リズムが整ってきた」
「不妊で悩んでいたが、妊娠できた」
――喜びの声、続々!!

心と体が温まれば、女性の悩みは解決します

1章 子宮と心の関係を知って、ぽかぽか子宮をつくろう
2章 月経は女性にとってのバロメーター
3章 子宮力を高める生き方
4章 ぽかぽか子宮はこうしてつくる!
5章 子宮の声を聞いてみよう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  子宮は、交感神経しか支配を受けないというのは驚いた。ほかの部位とは別で、子宮は交感神経によってゆるんで、収縮により起こる月経血の排泄がなされないことがあるようだ。
     とりあえず、電子機器を使う時間を少しでも減らすこと。使ってしまっても自分を責めず、「今日は忙しかったから明日はリラックスしよう」と思うこと。インスタントをやめる。甘いものは程々に、でも食べても後悔しない。
     また、「未病」から病気に進行しないために、「まごわやさしいよ」や腹式呼吸、感情の浄化が大事。
     特に自己肯定感や自尊感情が鍵で、幼いころ、自分を親に否定されたり、女性であることを否定されたりすると、女性の病気にかかることがあるようだ。病気にはなっていないけれど、私の月経トラブルはそれかなあと思う。と同時に、自分の子供ができたら絶対にそうしてはだめだなと、あらためて怖くなった。

  • 2019/8/9-19読了

  • 面白かった。毎日を大切に、五感をフル稼働して生きていこうと思った。

  • 体を温めることの重要性と、婦人科系疾患や月経についての知識、よくある質問、体に良い食材、体を冷やしにくい素材の服装や、湯たんぽや布ナプキンなどのアイテム、下半身のエクササイズなど…幅広く女性のためになる内容が書かれている。また、著者は助産師だけあって、分かりやすい文体で、専門的な根拠のもとに書かれている。婦人科に行き辛いという意識がある人や、女性に多い疾患について何となく知らないままの人など、入り口として良書。
    温めること、巡らせること、きちんとした生活習慣や食生活をし、ストレスを溜めないこと、それらはよく知られていながら実行し続けるのは難しい。本書にもそういったことの大切さがやはり書かれていた。
    また、興味深かったのは「7の倍数ごとに変化を迎える」という話。中国最古の医学書「黄帝内径」に書かれていることで、7の倍数に当たる年はホルモンの変化とともに様々な節目を迎える年でもあるという。偶然か否か、私にとって今年にあたるので、とくに健康を意識したいと思う。

  • 子宮の悩みを抱えるものにとっては、この表紙やタイトルにだけでも癒される。熟読するタイプの本ではないが、痛みや体調の変化に不安を覚えたときはこの本を手に取って、ページをめくれば少し気持ちが落ち着く。

  • 借りたもの。
    子宮の話は女性の「ありのまま」を取り戻す、再確認する本でもあると思う。

    東洋医学をベースにした、ホリスティックな本。
    医学的な話だけでなく、身体を動かしたり心を瘉したり、日常のちょっとした事がリラックスに繋がり、大切であることを再認識。
    瞑想、チャクラヒーリング、カラーセラピーなど。

    子宮が自律神経と関係があり、感情の臓器であるというのは、本当だと納得する。
    「女は子宮で考える」これは軽蔑的な意味で使うのはきっとお門違いなのだろう。
    愛は感情なのだから、それを否定してしまって本当に良いのか?と自問する。(反語)

    「オキシトシン」というホルモンが“愛と絆のホルモン”であるとは知らなかった。
    経血の状態から、体調とその改善策について書かれた表は重宝しそうだ。

    忘れがちになってしまっていた、子宮の事。
    現代社会――もしかしたら現状の制度のまま共働きが定着してしまうと、女性は男性的に生きることを強いられ、社会が宜しくない方向に進んでしまうのではないだろうか。

  • 自分の生活や心の持ちようが子宮に全て影響する、ということから子宮を温めるためにケアをしようという本。

  • 冷え性対策で読みたかったのに、妊活がメインだった。
    私が求める内容と違うので、★3つ。

  • イライラ、体の不調、月経トラブル…それは子宮の冷えが原因かも。今すぐできる26のあったか習慣で、月経が整う、美肌になる、人間関係が好転、妊娠力が上がるなど女性の悩みを解決!

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

助産師、看護師、バースセラピスト。NPO法人JASH(日本性の健康協会)理事。2児の母。妊娠・出産・産後ケア、アロマセラピーなど自然療法、セラピストとしても活動を行う。雑誌、ラジオなど多方面で活躍中。

「2015年 『女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

女性ホルモンを整えて幸せになる! ぽかぽか子宮のつくり方のその他の作品

やまがたてるえの作品

ツイートする