神聖喜劇 (第3巻) (光文社文庫)

著者 :
  • 光文社
4.03
  • (16)
  • (9)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :132
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334733766

作品紹介・あらすじ

「私の内面には、瞹昧な不安が、だんだん増大しつつ定着していた。早晩必ず何事か異変が起こるにちがいない」。誰かスパイのような"告げ口屋"がいる-東堂太郎の抱く漠たる不安が内務班全体にも広がり始めた。丁度その頃、ついに"大事"が発生。続いて始まった"犯人探し"は、不寝番三番立ち勤務の四名に限られた。その渦中に登場する冬木二等兵の謎めいた前身…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金玉規定と普通名詞論争。なんじゃそら

  • 2月中旬

  • 大船越への遠出における「ぼたもち事件」と雑誌買い。「厳原閥」への嫌悪感と比例して、素朴だが根の真っ直ぐな新兵たちへの仲間意識を育てていく東堂。だが冬木は「大根の菜軍事機密問題」以降、むしろ東堂との接触を避けている節がある。そこに持ち上がる剣鞘すり替え事件で、冬木に嫌疑がかけられているらしいことが明らかになる。
    感想は最終巻で。

  • 社会階層、ひいては社会構造を見る眼差し、職業についての考え方、同年兵や上級者との人間関係が描かれ、これまでの2冊とはまた違う読み応えがあった。どうなるのだろうか?

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/433473376X
    ── 大西 巨人《神聖喜劇〈第3巻〉20020910 光文社文庫》
     

  • 神聖喜劇は推理小説だったのか!と胎動どよめく第三巻。止まらぬ面白さ。引用は益々難解で殆ど読み解けぬが、このねちっこさがなければ物足りないほどに観念している。保坂和志の解説通り「死者の言葉」として響き震えて聞こえてくるから不思議だ。(読後に解説を読んで得心したのだが)。そしてこの巻では人間の内包する差別意識を露わにする。無意識による差別意識の根深さは人間の業か。人間の限界を意識せざるをえない。我が身を省みる。かなり知的で難しい思索をサスペンスに仕掛けて読ませてしまう手腕に脱帽。名探偵東堂二等兵の活躍いかに!

  • 徐々に雲行きが怪しくなってきた。冬木の過去、大前田の謎の行為、軍隊の不条理に抗う東堂の運命……続刊の展開が楽しみ。

  • 引用されている文章、短歌、漢詩など西洋、東洋問わず幅広い。
    作者の教養に感嘆せざるを得ない。
    引用文はいずれも難解だが続編も読まずにはいられない。

全8件中 1 - 8件を表示

神聖喜劇 (第3巻) (光文社文庫)のその他の作品

大西巨人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
遠藤 周作
J.L. ボルヘ...
G. ガルシア=...
三島 由紀夫
安部 公房
ジェイムズ・P・...
フランツ・カフカ
ウィリアム・ゴー...
有効な右矢印 無効な右矢印

神聖喜劇 (第3巻) (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする