人間の条件 上 (幻冬舎文庫 も 2-6)

著者 :
  • 幻冬舎
3.25
  • (3)
  • (7)
  • (23)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 95
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344405776

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初めての森村誠一。読みやすいサスペンスだったけど、物事がうまく行き過ぎのような気がした。オウムを彷彿とさせる。

  • オウム事件や統一教会を想起させるような内容
    当時なぜ警察はこんなに手ぬるいのかと歯がゆい思いをしてたけど警察官の視点で描かれた本作を読んで今更ながら警察官も悔しい思いをしていたんだと思い至った
    フィクションではあるけれどオウム事件や統一教会がらみの事件に様々な形で当時関わった方たちに思いを馳せた

  • カルト団体と警察の対決がテーマ。
    オウムがモデルなのだろうけれど、
    お粗末なようでいて巧みに組織を拡大していく彼らの行動が怖い。

    一般社会を悪だと断定する一方で、
    信教の自由を一般社会の規範である憲法に則る
    彼らの主張は滑稽だと思った。

  • ふーむ。これはオームものとしては興味深く読める。

  • なんとなく手に取った一冊。少し難しかったですが読んでよかったと思いました。

  • 「人間の証明」をテレビで見てから取りかかった本。
    期待を裏切らないスケールの大きな話に引き込まれました。
    多くのエッセンスを詰め込みながらも、きちんと整理して描かれていく様子はさすが。

  •  面白かった。
     宗教を隠れ蓑にした犯罪を、おなじみの棟居刑事が追う。
     いわゆる「棟居モノ」が好きだったのだが・・・。今回もまた棟居刑事の身近な人間が犯人に・・・、っていうのは、やりすぎじゃないか?という気がする。
     今度は一体どんな身近な人間が犯人に襲われ、棟居刑事が不幸のどん底に叩きつけられるのか、などというくだらない希望が沸いてきてしまう。
     ラストも、一体こんなオチをつける必要があるのか疑問だった。はっきり言って、言わずもがなの、蛇足以外の何ものでもないと思った。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業。
10年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。
1969年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、
1972年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を
受賞するなど社会派ミステリーの
第一人者として活躍する。
2004年日本ミステリー文学大賞、
2011年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。
推理小説、時代小説、ノンフィクションまで
幅広く執筆するなど著作数は400作を超える。
2005年に出版した「写真俳句のすすめ」で
写真俳句の提唱者として広く認知される。
写真俳句連絡協議会の名誉顧問を務め、
写真俳句の普及と後進の育成に取り組んでいる。

「2021年 『表現力を磨く よくわかる「写真俳句」 上達のポイント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村誠一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×