自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術 (幻冬舎新書)

著者 :
  • 幻冬舎
2.87
  • (2)
  • (21)
  • (27)
  • (17)
  • (9)
本棚登録 : 569
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344985674

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「情報×相手の個性・魅力=本気のゴマスリ」
    雑談を雑談にしないということなんですよね。
    相手の話したことにちゃんと反応する努力を続ければ心に響く対応ができます。
    そうすれば相手が求める「ずばりの答え」を一言で出すことができるようになると思います。
    ただ気をつけないといけないのはサービス過剰というか必要のないレベルのことを長々と伝えることやと思います。
    ほとんどカットできる内容を伝える人は無駄な時間を使わせると思われてしまいます。
    アイデアや代替案は相手が選択できる範囲内にとどめることが大切ですね。

    「アピール=図々しく自分を売り込む」
    ではなくて
    「目の前の相手のニーズに合わせて自分が貢献できることを示す」
    ということが意識できればと思います。
    売り込みではなくて相手のために自分が何をできるのかを常に意識してればアピールも自然とできるようになると思います。

    後書きに基本的なことが多いと書かれてますが僕はそれこそ本質やと思います。
    嫁さんに勧められて読んでよかったです。

著者プロフィール

イメージコンサルタント

「2013年 『30歳から求められる女性50のリスト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉原珠央の作品

ツイートする