地下の国のアリス (挿絵=キャロル)

制作 : 安井 泉 
  • 新書館
3.54
  • (12)
  • (14)
  • (40)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 213
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403030338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メディアブック付で地下の国のアリス (押絵キャロル) 作者のルイス・キャロルの作品です。

  • 図書館で見かけ借りてみた。不思議の国のアリスの下敷きになった物語。
    不思議の方は最近文庫で読んだはずなのだけど、全然忘れてて並べて読んだ笑 文字組が読みやすいし、何よりシンプル!子供に読ませるならまずこっちって感じ。

    あと「神話が考える」でもおもったけど、ルイスの作品はすごい愛されて研究されてるのだなぁと。あとがきの写真の話はついていけない濃さだった笑

  • 小さい頃に読んだ『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』
    それ以外にも存在するのか! と読んでみたのですが…。

    紹介欄に書かれていましたが、これは不思議の国を作るにあたっての
    原作となったものだそうです。
    なので、違う所あり、なかった所ありですが…
    何分記憶がうっすらとしか残っていないので
    何か違う…という程度です。

    確実に違うのは、落ち方、でしょうか?
    不思議の国は、確かそのまままっすぐ落ちていった、と思うのですが。

  • 久しぶりに読みたくなったので掘り出してみました。
    不思議の国のアリスと微妙に異なる世界観がすてき。
    ウミガメスープは不思議の国のアリスの方が好きです。

  • 超不思議!

  • 違いが良く分からん

  • 1月17日〜2月7日

  • いわずと知れた一冊。
    小さい頃読んだイメージと、大人になってから読むイメージでは全然違うような気がする。

著者プロフィール

1832年、イギリスのチェシャ州に生まれる。オックスフォード大学を卒業、同大学の数学および論理学の教授に。独特のユーモア感覚と幻想的イメージに溢れた童話『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は、イギリスはもちろん、世界中で支持されている。

「2017年 『わがままアリスとおくびょうな白ウサギ 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・キャロルの作品

ツイートする