血涙(上) 新楊家将(ようかしょう) (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
4.28
  • (125)
  • (104)
  • (42)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 762
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569671932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楊家将の続き。

    戦死したはずの四郎が生きている?
    刀を交わした時に感じる波動。

    戦とは何故にこれほど残酷で悲しいものなのか。

  • 楊家将の続編。残った2人の息子の伝記。この後に続く北方水滸伝に繋がる剣の由来も明らかになっているので、こっちを読んでから水滸伝を読んでもいいかも。複雑な構図の話が説明臭くなく、でも切なく書かれている。

  • 『楊家将』続編。上下巻。

    宋建国の英雄・楊業が味方の裏切りにより悲運の死を遂げて2年。
    生き残った楊六郎延昭と楊七郎延嗣の兄弟は、楊家軍を再興し再び遼と対峙する。
    倒すべき宿敵は遼随一の名将“白き狼”耶律休哥。
    彼の下には記憶を失った元宋軍の将・石幻果がいた。
    宋と遼、2つの国に生きる漢たちの宿命が戦場に交錯する―

    というわけで熱き北方節炸裂の本作が待望の文庫化。

    前作『楊家将』では楊業を中心とした楊一族の生き様が描かれていたけれど、この『血涙』で描かれるのは苦悩し、自ら道を選んで生き、そして死んでゆく人間。
    心身を引き裂かれるほどの悲劇を背負った石幻果、戦のみに生きてきた耶律休哥に生じる変化、守るべき国に不信を抱きながらも誇りのために戦う楊家軍…

    宋・遼双方をより深く描いたことで、前作以上に物語に厚みが出ていると思います。
    粗筋だけ見るといかにも男臭いけど、女性が読んでもきっとおもしろい。

    物語の最終局面、因縁や恩讐を超え喜びにも似た感情をもってぶつかり合う楊六郎と石幻果の対決は思わず鳥肌が立つほど。
    是非『楊家将』『血涙』と続けて読んでもらいたい。オススメ。

  • 人物、ストーリー全て次元が違う面白さ。目の前で闘っているようなリアルな表現力。北方謙三ファンになった1冊。歴史本の範囲ではない。

  • 前作に比べるとドキドキ感は薄れたけど、すばらしい作品。

    四郎が自分の本当の姿に気づく瞬間、気づいた後の反応には心が熱くなった。

    下巻がどのように展開されるか…、まだ楽しみが続くのが幸せです。

  • 上下巻合わせて書く。
    楊家将の後編。登場人物がいいな。どちらにも感情移入できるように書いているのだけど、遼がいい。簫大后がいい。
    西太后も我が身を投影して彼女のファンだったのだという。

    中国では楊家将は演技や京劇で人気があるようだ。
    しかしwikipediaの楊家将演義の項目を読むとまるで面白そうに思えない。そこが北方謙三のえらいところだと言えばそのとおりなのだけど、遼の簫大后が魅力的なのは北方謙三がそう書いたからで、少なくともWikipediaの記述を見る限り、西太后が何をどのようにしてこの人を気に入ったのか判断がつかない。

    この北方楊家将は中国人にとっても魅力的だそうで、それはそうだろうと思う。西太后に読ませてあげたい気はする。

  • ついに入手!ただひたすら真っ直ぐに、楊家の男たちはきっとそうだったに違いない。

  • 耶立休哥将軍と石幻果がめっちゃ仲良くなっててびびる。六郎と斬り合い四郎であったことを思い出すまでが上巻。
    原典では四郎はきちんと四郎の自覚あるまま身分を隠し瓊峨姫と結婚するが、そこが大きな違いとなっている。
    瓊峨姫に四郎でも石幻果でも惚れたことがなんとも微笑ましく、同時に壮絶。宋か遼か、どちらを選ぶか、下巻が気になる。
    とにかく耶立休哥将軍が贔屓されていてめっちゃかっこいい。

  • 次下巻。

  • 楊家将に続く楊家の物語。
    楊家将で、父である楊業が死んでしまったので生き残った六郎七郎、そしてあの四男との悲痛な運命の物語でした。
    楊家将で四男にいろいろフラグが立っていたので、こいつどうなるのかなーと思っていたらこうきたか!という感じでびっくり。お話もすごく良くてハラハラドキドキの展開に、今回ものめりこめました。
    次巻を早く読みたい!

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で菊池寛賞を受賞した。

「2019年 『魂の沃野(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

血涙(上) 新楊家将(ようかしょう) (PHP文庫)のその他の作品

血涙(上) Kindle版 血涙(上) 北方謙三

北方謙三の作品

血涙(上) 新楊家将(ようかしょう) (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする