日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.89
  • (91)
  • (122)
  • (82)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 1085
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569760841

作品紹介・あらすじ

なぜ頼朝は狭く小さな鎌倉に幕府を開いたか、なぜ信長は比叡山を焼き討ちしたか……日本史の謎を「地形」という切り口から解き明かす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国土交通省の官僚だった著者が、地形と気象条件などの事実やデータを踏まえながら、日本の歴史への独自の解釈を披露。

    時代の覇者たちの判断や行動には、政治や宗教などの理由もあったと推測されるけれども、そしてそれらを否定しないとしても、そうせざるを得なかったことが他にあるはず、と、手がかりを探る発想が興味深く、日本史の見方が変わる気がしました。

    古地図と現代図と歴史年表と人物相関図を傍に置いて再読してみたいです。

    正直、関東エリアの章については、私自身の土地勘のなさで、ふぅん、そうなのか、と読む感じ。でも、比較的土地勘がある西日本の諸々を取り上げた章は、地名に加えて地形や距離感がだいたいわかるので、とても理解しやすかったです。
    なぜ都が奈良から京都に移されたのか、その結果、奈良に何が起きた(というか起きなかったというか)のか。大いなる田舎の奈良、千年もの間眠っていた、なるほど!
    信長の比叡山焼き討ちの理由も、納得。

    また、「情報の塊である人間が動く」という、交流軸に変化をもたらす道路や鉄道網がいかに都市の発展に寄与するか、ということも、さまざまな事例で示されており、腹落ちするものでした。

    教科書では習わなかった歴史解釈。著者が各地を歩き回り、ちょっとした気づきを大切にしながら整理していく、その探求心と粘り強さと発想力を見習いたい。知的好奇心を心地よく刺激してもらえた一冊でした。

  • 職場の上司が薦めていたので読んでみました。日本史の謎を、地理的な観点から解き明かそうとする本です。たとえば、家康は征夷大将軍に任命された後すぐに江戸に帰ってるけど、なぜ?とか、なぜ信長は比叡山の焼き討ちをしたか?など。いわゆる人文科学系のアタマの私にはすごく新鮮でした。ブラタモリもそうですが、地理の見地から事象を見ていくのはおもしろいですね。大阪アースダイバーはちょっと受け付けませんでしたが、この本はよかったです。【2018年12月19日読了】

  • 地形から日本史の謎に臨んだユニークさが売り物。
    全体には面白いが、中には強引な我田引水のものもあります。
    例えば、江戸城の半蔵門。大手門が正規の正門ではなく、半蔵門が正門という主張。城外から城内へ唯一橋ではなく土塁で繋いでいるのは正門の証しだと強引に結論付けている。

    別の本で調べたら、半蔵門が土塁で築かれているのは、将軍の脱出用として、橋では万一壊れたり、焼け落ちたりするが、土塁にしてそういうリスクを避けている。そして半蔵門に繋がっている甲州街道を使って天領である甲斐まで落ち延び易いように、半蔵門の周辺や甲州街道沿いには、百人隊や千人同心は配置されているとある。
    こちらの説の方が説得力があるようです。

    というような箇所もあるが、ユニークな切口で、それなりに歴史を楽しめる。

  • 建設省の土木・ダム・河川関連の専門家が地形から
    導かれる歴史を書いた本。やはり着眼点が面白くよかったです。
    江戸の治水、江戸城半蔵門、逢坂山と比叡山、鎌倉、赤穂浪士と吉良氏
    の話。吉原。奈良の衰退。大阪に緑が少ないわけ。遷都に関して
    それぞれの話が地形をカギとして説明されているのですが
    本当にそうかはいろいろあると思いますが、それぞれとても
    面白い論理かと思います。

  • なるほど、いわれてみれば確かにそうだなあ、の連続。歴史を地理の観点から見直すと、まったく違った説得力を持ってくる。
    徳川家康が、いかに河川(治水)の重要性に精通していたのか。関東平野は平野ではなく沼地湿地だった。利根川の流れを変える大工事が関東平野を平野にしたのだ、と説く。
    首都はなぜ奈良にできて、なぜその後に京都に移ったのか。当時の海面の高さや川の位置から船による交通の便を想像し、もう一方で山と川が提供する薪(=エネルギー)と水の供給能力から収容できる人口を見積もってみる。遷都は必然だった、と結論づける。
    東京には緑が多いのに大阪の街には緑がない。なぜか。テヘランや北京の街でみた風景からひらめく。大阪は民衆の街で王侯貴族に支配されなかったから、庭園が緑地公園にならなかったのだ、と。
    他にもヘェ〜と膝を打つような話しが満載。
    江戸幕府が吉原を移転した本当の理由は。
    江戸城の半蔵門は裏門ではなく表門だ。
    赤穂浪士は潜伏中、江戸幕府に保護されていた。
    奈良の歴史的遺物が1000年の長きに渡って保存された理由は。
    信長が比叡山を徹底的に焼き討ちした理由は。
    元寇が攻略できなかった日本の自然の砦とは何だったのか。
    博多は大都市の四大条件、安全/食料/エネルギー/交流軸をほとんど満たしていないのに繁栄しているのはなぜか。
    本書を読み終わる頃には、すっかり歴史を見る目が変わってしまう。
    惜しいのは、語り口。「AだからB」というときのAについて、意図的なのか不明だが、必要条件と十分条件を混同しているように見受けられる。言い切った方がドラマチックではあるけれど、その分、眉に唾つけながら聞いてしまう。本書は歴史についての「科学」というよりは「もう一つのお話」として楽しむのが吉。
    最後に、著者も意図してない本書の効果をあげたい。それは、地理という学問の面白さと奥行き、可能性。小学校中学校で習った地理は面白くなかったけど、こうやって歴史と組み合わせてみると立体感がでてきて、歴史と地理の両方が面白くなる。

  • 面白いけど、根拠の薄い断言や結論ありきの飛躍がちょこちょこ気になる…

  • 徳川幕府が江戸で開かれた理由、なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか、なぜ京都が都になったか。
    日本史であたりまえに覚えてしまっているその場所の意味を地形やインフラを手掛かりに考察する。とても興味深いし腑に落ちることも多し。
    すこし筆者が毎回ドラマチックに”発見”する描写や、人文学的な要素を避けるばかりに少し強引な考察になっている箇所も気になるけれど。

    でもユニークなこういう切り口があることで歴史考察は進むだろうし、おもしろくなるね。

  •  この本は、もっと地理っぽいのかと思ったら、歴史の思考に地理的観点を添えて再考するスタンスなので、とてもわかりやすかった。奈良から京都そして東京へと遷都した理由や忠臣蔵を巡る謎などを明確に分析しているのはとても良い。読んでよかったと思った本である。

  • 日本史の謎を地形で解くと言うことで、納得できるものもあれば、それってどーよ。って言うのもありました。が、楽しく読むことが出来ました。頭を柔らかくするのには良い本です。

    ①家康による利根川東遷のはなし。これは史実なので、そうだろうと思います。川の付け替えとしては後にも先にも日本史上最大のものですし。だだっ広い関東平野を支える土地にしていくのは大変だっただろうと思います。

    ②比叡山と逢坂山の話し。たしかに比叡山は逢坂山を見張るには絶好のポジションですよね。あそこに敵がいると東国からは京に入りづらい。

    ③頼朝と鎌倉開幕。私も著者と一緒で頼朝は伊豆七島のどこかに流されたのだと思っていました。まさか、伊豆の韮山だったとは。指摘通り、鎌倉って狭いんですよね。七里ヶ浜も船が着くには浅すぎますし、鎌倉市って港がないので防御には打ってつけ。でも、鎌倉って津波に弱いんですよね。結局は鎌倉は長続きしないとおもいました。

    ④元寇と車。確かに湿地帯の多いこの国では、騎馬や車を中心としたモンゴルは苦戦するだろうと思いました。ちなみに、なぜ我が国では車輪系が発達しなかったのか不思議だったのですが、牛馬を去勢しなかったから、と言うのが理由というのを初めて知りました。

    ⑤半蔵門。わたしはずっと半蔵門は正規の門だと思っていました。だって、パレードするときは必ず半蔵門からですし。大使の就任は二重橋というのは知っていますが、あれは客ですので。半蔵門が正規の門と聞いてもあまり驚きはないです。

    ⑥〜⑧忠臣蔵。赤穂浪士が江戸幕府に黙認されていたという説。まぁ、本当にただの狼藉者だったら、言論の自由なんてない江戸時代に流行らないですよね。長い江戸時代、これくらいしか江戸の街中で血生臭い事件はなかったって考えると、著者の言うこともあったかもね。と思いました。

    ⑨小名木川開削。江戸入場後、真っ先に小名木川を開削したのは知りませんでした。軍事的な交通路というのも、まあそうなんだろうと思いました。

    ⑩江戸の飲水。これは謎でもなんでもなく、普通の事実。ただみんなが知らないだけだと思います。

    11 吉原遊廓。遊廓は新しく作った土地にできるのがセオリーなので、そりゃそうでしょうと思いました。だって
    大阪の遊郭は全部「新地」だし。

    12 誰が最後の征夷大将軍か?というか、最後の狩猟民族は誰か、ということで毛利家ということですが、海賊って狩猟民族?

    13 江戸城無血開城 船が日本人のアイデンティティをまとめたという論ですが、わたしとしては納得出来ません。何せ我々農耕民族ですし。

    14 平安京遷都。確かに交通の便がいいところですが、渡来人は福井に上陸しないと思います。

    15 奈良の衰退。主要交通路から外れた。というのが見立てですが、これは近年事例が多々ありますね。特に新幹線の駅が出来なかったところ。長野県小諸市とか、鹿児島県阿久根市とか。

    16 大阪の覆緑率が低い話し。確かに面接の広い土地を維持する権力がなかったというのが理由というのは理解できます。

    17 福岡。確かに大規模河川がない大都市って、あまりないですよね。大陸への玄関口だからという理由ですが、江戸時代は鎖国していたし、明治初期の九州の中心は熊本。明治時代の大陸への玄関口はむしろ北九州市とか下関が中心でしたし、福岡の発展の理由は別にあるのだと思います。

    18遷都。木の伐採のしすぎと洪水の頻発、および水捌けの悪さから来る環境悪化と疫病の蔓延というのが理由ですが、確かにエネルギーとしての樹木が無くなれば都市は衰退するでしょうね。

  • 【目次】(「BOOK」データベースより)
    関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったかー巨大な敵とのもう一つの戦い/なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたかー地形が示すその本当の理由/なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたかー日本史上最も狭く小さな首都/元寇が失敗に終わった本当の理由とは何かー日本の危機を救った「泥」の土地/半蔵門は本当に裏門だったのかー徳川幕府百年の復讐1/赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したかー徳川幕府百年の復讐2/なぜ徳川幕府は吉良家を抹殺したかー徳川幕府百年の復讐3/四十七士はなぜ泉岳寺に埋葬されたかー徳川幕府百年の復讐4/なぜ家康は江戸入り直後に小名木川を造ったかー関東制圧作戦とアウトバーン/江戸100万人の飲み水をなぜ確保できたかー忘れられたダム「溜池」/なぜ吉原遊郭は移転したのかーある江戸治水物語/実質的な最後の「征夷大将軍」は誰かー最後の“狩猟する人々”/なぜ江戸無血開戦が実現したかー船が形成した日本人の一体感/なぜ京都が都になったかー都市繁栄の絶対条件/日本文明を生んだ奈良は、なぜ衰退したかー交流軸と都市の盛衰/なぜ大阪には緑の空間が少ないかー権力者の町と庶民の町/脆弱な土地・福岡はなぜ巨大都市となったか/「二つの遷都」はなぜ行われたかー首都移転が避けられない時

全112件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本水フォーラム代表理事。博士(工学)。
1945年生まれ、神奈川県出身。昭和45年東北大学工学部土木工学科修士修了。同年建設省入省、近畿地方建設局長を経て国土交通省河川局長。2001退職。一貫して河川、水資源、環境問題に従事。人事院研修所客員教授。
著書に『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP文庫3部作)、『土地の文明』『幸運な文明』(以上、PHP研究所)、『日本文明の謎を解く』(清流出版)、『水力発電が日本を救う』(東洋経済新報社)など多数がある。

「2021年 『“地形と気象”で解く! 日本の都市・誕生の謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹村公太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・H・...
マーカス デュ・...
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×