甘やかな陥落 (MIRA文庫)

  • ハーパーコリンズ・ ジャパン
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596916549

作品紹介・あらすじ

世にいう嫁き遅れのヘンリエッタは、社交界での長い経験を活かして、若い令嬢たちが放蕩者に騙されないように助言をしている。あるとき彼女は、色男として名高い貴族のジェームズが妙に慌ただしく友人に結婚を迫っていることに気づく。ヘンリエッタの忠告により、友人は求婚を断り、事は丸く収まった。ところが、怒り狂ったジェームズは彼女の前に現れ、お節介を罵った!彼は女性を騙すつもりなどなく、領地と使用人を守るために4週間以内に結婚しなければならないのだ。責任を感じた彼女は、花嫁探しを手伝うことになり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    世にいう嫁き遅れのヘンリエッタは、社交界での長い経験を活かして、若い令嬢たちが放蕩者に騙されないように助言をしている。あるとき彼女は、色男として名高い貴族のジェームズが妙に慌ただしく友人に結婚を迫っていることに気づく。ヘンリエッタの忠告により、友人は求婚を断り、事は丸く収まった。ところが、怒り狂ったジェームズは彼女の前に現れ、お節介を罵った!彼は女性を騙すつもりなどなく、領地と使用人を守るために4週間以内に結婚しなければならないのだ。責任を感じた彼女は、花嫁探しを手伝うことになり…。

    犯人がありゃ?でした。
    いきなり犯人が出てくる感じはあんまりなぁ。
    早めに恋が成就してどうするのかと思ったら殺人事件が絡むのはちょっと好きでは無かったけど、ヘンリエッタがいいキャラクターですきでした。

    And then she fell by Stephanie Laurens

  • 半分で終わる話が、残り半分は命を狙われる犯人探しになりました。

  • シンスター家の姉妹、縁壊し屋として有名な長女ヘンリエッタの物語。The Cynster Sisters Duo(シンスター姉妹2部作)の1作。おそらく他にシリーズもあると思われるのだが、よくわからない。調べ足りなくて申し訳ない。
    ヘンリエッタが縁を壊してしまったことで切羽つまったジェームズの花嫁探しを手伝うことになり、徐々に惹かれ合うようになるという王道な展開のお話。といいたいことろだが、前半で早々にロマンスは完結。後半は、何者かに命を狙われるサスペンス展開が待っている。
    何度も死にそうになるヒロインに手に汗。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-5099.html

  • シンスター姉妹二部作・シリーズになるのかな?
    次世代、というほどではないけど、本シリーズより20年後くらいですかね。
    懐かしい。翻訳してもらえるとは思わなかったなあ。
    この調子でぜひ、全シリーズ翻訳してほしい。

  • とってもときめけたしとっても面白ろかったです!
    最初から最後までときめけたのは初めてかも!

    ラストがヘンリエッタとジェームズのラブラブエピローグでなく次に引っ張る内容だったのがちょっと残念。だってもっと浸りたかった!!

    でも、次のメアリーの話もまんまと気になってしまったので作者の手腕はすごい!

    シンスター家シリーズ の1つらしく。
    全部読みたい!!と思ってしまいました!

    次から作者買いしたいです❤︎

  • 物語のお手本のような話。
    展開が非常にはっきりしていて楽しく読みやすい。
    後半のシンスター一族勢ぞろいして団結する様がおもしろい。

  • ☆3.5
    未邦訳って古いのかと思いきや、ヴィレッジで少し出たっきりのシンスター家のお話で2013年の作品。このシリーズはシンスター家の令嬢達に伝わるちょっとスピリチュアルなアイテムにまつわるお話っぽい。続きもありそうだし、これより前もありそう。
    序盤はいっきにロマンスが盛り上がって楽しかったけど、中盤からサスペンスになってしまいロマ度は控えめでちょっと物足りなかった。ハーレクイン・ヒストリカル時代のステファニー・ローレンスは好みなんだけど、割と最近のは再読しなくていいやと言う感じ。下手したら途中で中断したままのもあるし…
    今作は訳もカタめ。元の英文もカタいのかしら??

全7件中 1 - 7件を表示

ステファニー・ローレンスの作品

甘やかな陥落 (MIRA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする