花散らしの雨 みをつくし料理帖

著者 :
  • 角川春樹事務所
4.26
  • (808)
  • (881)
  • (266)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 4313
レビュー : 620
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758434386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸を舞台に主人公の澪が次々に起こる不遇な出来事にも負けず、創意と工夫でおいしく心温まる料理を生み出し、料理人として成長していくお話。

     なんといっても澪を囲む人々がいい。凛としたたたずまいのご寮さん。情に厚いおりょうさん。長年、仕事をしてきて一本筋の通ったりうさん。機転のきくかわいらしいふきちゃん。女性だけでも、多様な人々を描き、場面ごとにはっとさせられる言葉を紡ぎだす。
     それに加えて料理の描写は、湯気や店の中にたちこめるにおい、、食欲をそそる見栄え、食べる人のうっとりした顔が目に浮かぶ。江戸には、このような豊かな味わいのする食事があったのか?と驚き、現代のそれと比べてしまう。

     ところで、文中に出てくる「こぼれ梅」というものは作者が作った言葉なのかとずっと思っていたけれど、今年知人から「こぼれ梅」(みりん粕のこと)を頂戴し、実在するものであることを知った。文中では「そのままお茶うけにいただく」とのこと。食べてみると確かに甘く、酒粕ほどアルコールを強く感じることもなくおいしい。私が食べたものは、見た目はしっとりしたおからのようで、ほろほろしている。調子に乗って食べると、酔ってしまいそうだった。
     このところ、「塩こうじ」が流行り、発酵食品ブームなので、案外ひっそりと身近なところにあるかもしれません。混ぜて焼くだけのケーキに入れてもおいしく、いつまでもしっとりしていましたよ。

  • 季節は水ぬるむ春。
    梅の花散る川面に架かる俎橋。

    魅力的な新しい人物も加わって
    ますます話が色鮮やかになってきた2巻。

    淡い黄金色の美しい味醂。
    満開の梅が零れたように見えることからついた
    味醂の搾り粕の「こぼれ梅」。
    優しい気持ちがつるんと詰まった葛饅頭。

    どれも美しく美味しそうなお料理と
    変わらぬ澪ちゃんたちの広く柔らかく
    温かい優しさに花ならぬ鼻散らしになりつつ。

    澪ちゃんの恋が少しずつ色を深めていくのにもドキドキ。
    切ない恋を胸に潜ませ、想い人をそっと盗み見する。
    夜空には大輪の菊花のような銀の花火。

    旭日昇天と雲外蒼天。
    恋も友情もすべて幸せな未来に続いていてほしい。

  • つる家の頼もしい下足番、ふきちゃんの登場です。戯作者で皮肉屋の清右衛門もここで初登場。
    いきなり3作目を読んで、これが2作目・・・と変に遡ってしまう流れですが・・・

    外がさくさく 中はもっちもちの雪ノ下のてんぷら、三つ葉尽くしでは旬の蛤のお吸物に三つ葉のお浸し。白胡麻を加えた三つ葉の白和えに三つ葉ご飯。そして熱々の白魚と三つ葉のかき揚げ。
    シンプルな蕗ご飯、流山の白味醂、大坂で女子供におやつとして好まれたこぼれ梅(味醂の絞り粕)、金柑の蜜煮、麻疹で生死をさまよったあとにはひんやりと口当たりのやさしい葛饅頭、後に「つる家」の看板料理になる夏蛸の酢の物「ありえねぇ」と胡瓜の歯ごたえにごま油の香りで箸がとまらない「忍び瓜」。

    今回もやっぱり美味しそうです。

    登龍楼にはこのときから本当に腹が立ちます・・・
    花見の時期だけは女も大門をくぐれる吉原、あさひ太夫にこぼれ梅を食べてもらいたくて飛び出した澪・・・
    幼い頃、手を狐の形にして「涙は来ん、来ん」と互いを慰めあった2人の絆の強さに思わず涙ぐんでしまいました。
    北川景子さん主演でドラマ化されたらしいですが、本来「下がり眉」で器量よしとは言えない澪なだけに違和感があって見なかったなぁ・・・

    麻疹が命取りだったり、胡瓜が上方では祇園さんの「木瓜紋」と似ているからという理由、江戸では徳川家の「三葉葵紋」に似ているからという理由で、「恐れ多い」と口にされなかったり・・・この時代ならではのエピソードもふんだんで少し勉強した気分♪

    源斉先生に想いを寄せるもうひとりのみお(美緒)も登場し、ますます気になるシリーズです。

    • nico314さん
      つらいことも多いけれど、心にじんわりとしみるエピソードにあふれていて目が離せませんよね。本を読みながら、澪にエールを送りながら自分も励まされ...
      つらいことも多いけれど、心にじんわりとしみるエピソードにあふれていて目が離せませんよね。本を読みながら、澪にエールを送りながら自分も励まされるような気がします。
      2012/12/05
    • hetarebooksさん
      nico314さん

      コメントありがとうございます♪
      本当に、困難辛苦にどれだけ見舞われても、澪の事を心から大事に思ってくれている人...
      nico314さん

      コメントありがとうございます♪
      本当に、困難辛苦にどれだけ見舞われても、澪の事を心から大事に思ってくれている人がいて、澪も絶対へこたれない。元気をくれる本だと思います。
      2012/12/06
  • (2014年8月19日 再読)

    火事を乗り越え再出発したつる家。
    下足番のふきが加わり、大けがを負ったあさひ太夫と障子越しに再会し、太一とおりょうが麻疹にかかり、美緒に嫉妬され、小松原への恋にまっしぐら。
    昔を懐かしむかのように噛みしめて読んでいます。

    りうさんの言葉がいい。

    「食べる、というのは本来快いものなんですよ。快いから楽しい、だからこそ、食べて美味しいと思うし、身にも付くんです」

  • ふきの登場で最初はどうなることかと思ったが、
    ひとまずこの件で涙。
    時期的に、清右衛門がムロツヨシのイメージ。

    こぼれ梅はあいかわらず食べてみたくなり、
    太一の麻疹の件では、一瞬朱川湊人を感じつつ、
    当時麻疹が命にかかわる病なのか、
    つい先日祖母と話したばかりだったのでタイムリー。
    料理もさることながら、当時の医療やそれにまつわる
    周囲の反応も垣間見ることができて新鮮。

    新しい登場人物も増え、さらに物語が動いていきそうで飽きない。

  • シリーズ2作目。

    わかってたけど、めっちゃよかった!

    火打ちにあって
    場所を移した「つるや」で美味しい料理をだす澪。

    今回はりうばあちゃんがよかったな。

    みんな心優しくてあったかい。

    それが「つるや」のお店に現れるから繁盛するんだろう。

    ご近所の太一くんが元気になって
    最後、笑っててよかった。

    野江ちゃんと澪の「涙はこんこん」が、
    泣けて泣けてたまらんかった。

    2人を会わせてあげたいな。

  • みをつくし料理帖シリーズ第2作。
    ついに澪の恋がうごきはじめました。

    でもそんなことより、つるやのご飯の美味しそうなことといったら。

    季節、旬を大切にし、丁寧に拵える料理の数々。たまりません。

    これでお酒をだしてくれたら、通い詰めるのになぁ。

  • みをつくし料理帖第二作目。
    元飯田町に引っ越した「つる家」で、新たな人の縁、人情を得て、
    料理人として成長していく澪の姿を描く。
    ・俎板橋から・・・澪の創作した料理が神田須田町の登龍楼で、
           先んじて提供された謎。どうして?      
    ・花散らしの雨・・・あさひ太夫の具合を案じる澪は、料理で想いを
             届ける。見上げる天はひとつのはず! 
    ・一粒符・・・長屋で懇意なおりょうと太一が麻疹に。伊佐三の苦悩。
         家族がお互いに思いやる様に思わず涙。
    ・銀菊・・・恋はしておきなさい。澪へのりうの言葉に導かれるように
        澪を見つめる、否、睨む娘が現れた。彼女の正体は?
    ・巻末附録 澪の料理帖・・・物語の副題になっている料理のレシピ。
    新たな地での澪の料理は、季節の移ろいに彩られる旬の素材が
    使われ、それに導かれるように新たな個性的な人物が登場。
    ふき、清右衛門、りう、美緒。特に清右衛門とりうが際立ちます。
    「相模屋」の白味醂も、話の展開に良い味付けを施してくれます。
    どの話も、ほろっと感涙する人情物。
    そして、恋の行方が気になります。

  • 相変わらず面白い作品です。

    一作目ではメインの登場人物のストーリーが中心だったけれど、新しい登場人物も加わって、さらに賑やかになった。
    登場人物が魅力的。

    一話一話が面白く、それでいて言葉に力がある。
    つる屋のお手伝いとしてやってきた、りうさんの言葉がとても重みがある。

    今回注目は澪の恋のはじまり。
    そして、三角関係の予感でしょうか。
    澪の初々しい気持ちに胸がキュンときます。
    小松原さまへの忍ぶ恋。
    忍び瓜に掛けているのでしょうか。
    私は胡瓜が苦手なのですが、ご飯をこれ以上なく美味しそうに描いているので、食べたくなってしまいました。

    いつかあさひ太夫と会うこともあるのでしょうか。
    なぜ遊女をしているのかとても気になるのですが。

    今後に繋がりそうなお話の多い第2巻。
    次も楽しみです。

  • シリーズ2作目。前回も思った、話としては料理屋奮闘記なのだが、何故こんなにも良いと思うのだろうかと考えながら読んでしまう。
    苦味かな、こんなに頑張って生きていても、辛く苦い思い。それが、苦すぎず、後味は少しほっこりなのでまた食べたく、イヤ読みたくなるのだろうな。

    「春は芽、夏は葉、秋は実、冬は根」のくだりも、そうだよな、自然と共に生きることの豊さをしみじみ感じる。

全620件中 1 - 10件を表示

高田郁の作品

花散らしの雨 みをつくし料理帖を本棚に登録しているひと

ツイートする