100円商店街・バル・まちゼミ: お店が儲かるまちづくり

  • 学芸出版社
3.75
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761525422

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「商店街活性化の三種の神器」と言われる「100円商店街」、「バル」「まちゼミ」。イベントで来街者が一時的に増やすことより、継続的に来店者を増やしていくという点で、これらの手法が着目され、支持され全国的に広がりを見せている。
     三種の神器に共通するのは、
    ①個店の魅力を向上させ、ファンをつくる。
    ②企画は主催者が知恵を出す。
    ③参加する全ての人が楽しむ
     という点で、理想的なまちづくりのスタイルと言えよう。

  • 本書で紹介されている「3種の神器(100円商店街、街バル、まちゼミ)」は、従来ハードウェアやお祭りイベントに偏りがちであった、商店街活性化施策に対して、個店に顧客を呼び込むことを重視した施策である。
    個店が元気にならなければ、商店街の活性化は達成されず、地域の活性化にもつながらない。紹介されている事例は、まさに個店から地域までの活性化に成功した事例である。

  • お店に人を呼ぶのに従来型の宣伝ではなく、小さなコミュニティをつくるという方法も実は有益であるということを学ぶことが出来ました。
    これこそが、弊社のような小さなお店が行うべきことではないでしょうか?

  • 100円商店街・バル・まちゼミ、いずれも「補助金に頼らなくても実施可能」つまり「明日からでも取り組める」活性化策。
    なおかつ「来街者」ではなく「来店客」を増やす工夫なのである。

全4件中 1 - 4件を表示

長坂泰之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする