ジャーナリズムは甦るか

制作 :      
  • 慶應義塾大学出版会
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766421996

作品紹介・あらすじ

▼日本のジャーナリズムの問題点を徹底討論!

▼二極化する報道、原発報道から歴史認識問題まで、いま岐路に立つメディア・報道の現状と将来を考える。

▼日本のジャーナリズムは何が問題なのか?  原発報道から歴史認識問題まで、メディア、ジャーナリズムの現状と将来を考える注目の書。

▼第一部では、「朝日新聞(誤報)問題」を中心に、二極化する報道、政治とマスメディアとの距離、「国益」とジャーナリズム、などをめぐる池上・大石氏の対論を掲載。

▼第二部では、憲法学、政治学、マスコミュニケーション学の第一人者による、原発報道、国内政治とジャーナリズム、ITとメディアなどをめぐる討論を通じて、日本のジャーナリズムのあり方の是非とメディアの将来を問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 070.21||Ik

  • 2極化するジャーナリズムの現状を憂い分析するが、具体的対策はなかなか示されない。
    池上彰氏も、出版、TV、各種メディアへの露出も多いが、丁寧な解説には一定の信頼がおけるものの、解説的で今一歩の踏み込み不足を感じているのは私だけか?

  • マスメディアにいかに踊らされているのか、ものの書き方、読み方が社会や世論を作っている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

池上彰の作品

ツイートする