取締役になれる人 部課長で終わる人〈2〉 (リュウ・ブックス アステ新書)

著者 :
  • 経済界
3.09
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710847

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作とほぼ同様⁈

  • 自分は取締役になれるとは思わないが、取締役になれる人と部課長になれる人の何が違うのか知っておこうと思い買ってみた。本の中身は過去の名経営者のエピソードがつらつらと書かれている部分が多く面白みにかけたが、彼らのエピソードの中から言えることは、取締役といわれる人たちは本質を持っており一本筋が通っており、自分が考えぬいて納得したことについてはやり抜くことが出来る人達といったところだろうか。私のような人間はうまく言っても部長止まり、恐らく課長どまりだと思うが、仕事一筋という生き方もいやなのでそれでいいと思った。

  • 優れた経営者に共通して表情の作りが大きい
    →思考の働きがほぼ100%志や信念・哲学に連動している。仕事における能力の差はない。決定的なのは視野の広さや高さであり、人間的な幅の違いである

    宮崎輝(旭化成の中興の祖)
    ・新しい事に反対ばかりする人間はだめ。枠にとらわれず


    経験を積むことはプロになるという事。
    新しい事を挑戦することで、新人とプロを同居させる


    伊藤忠商事VSOP
    V…vitality 20代
    S…Speciality 30代
    O…Originality 40代
    P…Personality 50代

    なぜ視野の広さに一目置くのか
    視野
    →時間・視野の広さ・目線の高さ
    自分の物差しをもっているか

    課長に昇進するときに本人に面接→部長になるとき妻と面接→役員にするときは子供と面接

  • 寄贈:資

    貸出:2012.11.2 返却:11.12 新田
    会社人間としての取り組み姿勢や心構えが、各界の成功者の共通性として哲学、信念、勉強や人望の高さなどキーワードがたくさんありとても勉強になりました。

    石賀:2012.12.3
    社会人として姿勢を正される内容でとても面白かったです。

  • 運は使えば使うほど増えてくる。運は持つものではない。掴みに行った者に寄ってくる

    お客さまは来てくださらないもの、という気持ちで毎日の商いをしなければならない、来てくれないのが当たり前のお客さまに来ていただくよう、最大限の努力をする。キメ細かく心配りをする。来ていただくことに心から感謝する。

全5件中 1 - 5件を表示

取締役になれる人 部課長で終わる人〈2〉 (リュウ・ブックス アステ新書)のその他の作品

国友隆一の作品

ツイートする