スーパーセンスーーヒトは生まれつき超科学的な心を持っている

  • インターシフト
3.32
  • (4)
  • (11)
  • (12)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 148
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784772695220

作品紹介・あらすじ

超科学的心理はヒトの本質である。他人の視線を感じる…想い出のつまった物がある、外見は同じでも複製品には価値はない。そんなあなたは立派なスーパーセンサーです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 言葉では説明できないけどなんとなく嫌だとかなんとなくこっちの方がいいとか思う原因がわかったような気がする。
    目に見えないものを信じてしまう心は誰にでもあるというのがわかって安心した。

  • 殺人鬼のカーディガンを着るのを人はなぜ嫌がるのか。

    人が「なんとなく」感じる嫌悪感や愛好感は一体どこからやってくるのか。

    誰もが持っているスーパーセンスを掘り下げていくことで社会や文化、はたまた遺伝など多くの事が見えてきます。

    興味深い内容でした。

  • 2016/03/25

    本質主義
    みんな誰しももってる思考法
    特に幼児

    超自然現象にはまりやすい

  • 1章 超自然現象を信じる心は、いかに生まれるか?
    2章 殺人鬼のカーディガンを着るのは平気?
    3章 天地創造説が受け入れられるわけ
    4章 途方もなく騒がしい赤ちゃん
    5章 マインド・リーディングの力
    6章 つながる生気・本質・嫌悪
    7章 若さや美しさというエッセンス
    8章 なぜ大人になってもテディ・ベアを手放せない?
    9章 誰かに見られているのがわかる
    10章 ものはいかにして神聖な価値を持つか?

  • 人の感覚には
    常識では考えられないものがあります

    誰かに見られているとおもって
    振り返ると人がいたり、
    殺人のあった部屋に入ると
    違和感を感じたり

    人にはスーパーセンスがあるとおもいました

  • まだ10ページくらいしか読んでいないけど
    人の心の中に、迷信や儀式を生み出す些細な傾向があることが実験で示唆されていることや
    それらが総和となった時に宗教やしきたりに発展するだろうなあと思わせる
    そんな実例がいっぱいある。
    全部読めたらいいなあ。

  • レビュー書くのを忘れていました。読み終わってだいぶ経つので、もう一度読んでみます。どういう内容か忘れちゃった。

  • 「スーパーセンス」という単語を作って満足してしまったか。かなりグロめの例が豊富に紹介されるが、繋がりがはっきりせず、検証もほとんどされていないようなので、まとまりが無い。単語の定義から入った方が良かったのでは。

全9件中 1 - 9件を表示

小松淳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
カイザー・ファン...
リチャード・セイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×