ルーゴン家の誕生 (ルーゴン・マッカール叢書)

制作 : 伊藤 桂子 
  • 論創社 (2003年10月発売)
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784846004033

作品紹介・あらすじ

物語は1851年12月7日、サン=ミットル平地で蜂起軍に参加しようとするシルヴェールの登場で始まり、12月14日、同じ場所でシルヴェールが処刑されたところで終わる。この平地はかつて墓であった。墓は満杯になり町の反対側に新しく作られることになり、遺骨の発掘が行われ、何の宗教的儀式もないまま運ばれていった。長い間、旧墓地は放置され自然の浄化作用を待ち、やがて公共の空き地として住民に利用されるようになった。聖なる地が俗化し、蘇り、新しいサイクルが始まった。まさに「ルーゴン=マッカール叢書」20巻の巻頭を飾るにふさわしい設定である。

ルーゴン家の誕生 (ルーゴン・マッカール叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010.5.13 読了

  • ルーゴン・マッカール叢書1巻。
    とある一族の織りなす全20巻の物語の序章でもあり、ある一時代の幕開けでもある。
    序文を読んでいると、第二帝政って良くない時代だったのか?という錯覚を起こさせるけど、歴史的に見た場合そうでもないそうなので、その辺は真に受けない方が。

    時代の過渡期にあって、大人達は理想もへったくれもなく、打算と損得のみで陰謀を企て、ある物は勝利し、ある物は去っていく。
    身勝手な大人達の陰謀に、直接間接にしろ巻き込まれていく少年少女は可哀想。
    注はないので、ある程度時代背景を理解した状態で読む方が、よりベストなんじゃないのかな。
    (第1巻は、第二共和政末期で、政府主部と対立していた大統領ルイ・ナポレオンのクーデター直後。ほとんど第二帝政みたいな感じ)

    「居酒屋」にしろ「ナナ」にしろ、叢書を1冊でも読むなら、この巻は読んでおくのがモアベター。
    (本当はベストといいたいが、如何せん高いから…)



    (内容は面白いんだけど、なんか製本が良くないぞ…。折りが曲がってるし、断裁があれだし………どうなんだ?)

全2件中 1 - 2件を表示

エミール・ゾラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エミール・ゾラ
エミール・ゾラ
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フォークナー
モーパッサン
有効な右矢印 無効な右矢印

ルーゴン家の誕生 (ルーゴン・マッカール叢書)はこんな本です

ツイートする