「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~

著者 :
  • あさ出版
3.73
  • (17)
  • (30)
  • (21)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 281
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784860634858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心が苦しくなってきた時、思わず手にとった一冊。
    読みやすい作りの本で、心がくたびれている時にでも、さっくり読めました。

    まず始めの「苦しいと視野狭窄になる」に大きく同意。

    いろんな考え方の紹介がありましたが、
    「原因除去にとらわれない」
    「人間は変えられないが、人間関係は変えられる」
    「敵対心は自分を苦しくする」
    という3つが今の私にとっては、いいな、と思いました。

    特に「人間関係は変えられる」が、印象的で、早速実践に移しています。
    具体的には、
    ・相手を肯定すること。
    ・相性なんてない、と考えること。
    ・好意の返報性を活用すること。
    この3つを心がけるようにしました。

    始めたばかりなので、まだまだ苦しくなることもありますが、実践を重ねて身についていけばきっとよくなる、という感覚があるので、とりあえず続けていこうと思います。

    今、苦しくて、でも何とかしたい!と思っている人にオススメの一冊です。

  • 楽しいことを考える
    ポジティブに言い換える
    今、自分は成長の伸び代にいる!
    苦しい⇒試練
    失敗⇒経験
    困難・悩み⇒成長課題
    壁・ハードル⇒チャレンジ
    イエス!
    YES WE CAN!
    私は仕事が大好き
    やらされ仕事を自発仕事に置き換える
    誰かのために戦う人間関係は強い
    かげ口ではなくかげほめを
    笑顔になるから笑いが起こる


    目次
    第1章 「苦しい」と「楽しい」の基本
    第2章 「苦しい」が「楽しい」に変わる7つの方法
    第3章 「苦しい」をモチベーションに変える技術
    第4章 「嫌い」を「好き」に変える人間関係を改善する5つの技術
    第5章 変えられない「苦しい」を「楽しい」に変える方法
    第6章 究極の「苦しい」解消法

  • 樺沢先生のYouTubeも好き。

  • 【献本御礼】精神科医そして映画評論家が語る。もっと肩の力抜いて生きようぜ!笑

  • いいことを書いている割には、なぜが表面的な印象。
    人の主張の寄せ集めだから?
    あるいは、すでに心がけていることが多いから?

    とにかく、苦しいことがあったら、一人で悩まないことですね。
    もし、家族や友人がいなくても、公的な機関を頼ればいいわけですから。

    幸いにも、自分自身は、「苦しい」を解消する方法をいくつも持っている(実践している)ことがよくわかりました。
    今後は、それらをうまく人に伝えることが大切ですね。

  • 自分の苦手な仕事はとりかかるのに時間がかかったり、やる気が出なかったりで上手くいかないことが多いのですが、前向きに考えるように、そして自発的に取り組めるよう、目標設定が大事であることが分かりました。
    ストレスを溜め込まない方法もわかったので、意識しながら物事に取り組んでみたいと感じました。

  • しょせん、脳内物資の変化

    苦しいを乗り越えた時にドーパミンが出る
    苦しいがないとドーパミンは出ない。
    →苦しいがないと楽しいがない

    苦しいを数値化する
    今日の苦しいは〇点。昨日よりはまし

  • 【読書・勉強】読んだら忘れない読書術/樺沢紫苑/20150804(80/364)<251/17869>

  • 変えられないものの典型は、「過去」と「他人」です。まず、自分が問題に直面したら、その問題が変えられるか、変えられないかを考えてみましょう。

  • わかりやすかったです。
    この方の本を数冊読みましたがどれも似通ったものなのかなとおもいました。

    ポイント
    ・苦しみの原因をどうにもならないことと
     解決できることに分ける

    ・ネガティブな感情、言葉をなるべく
     ポジティブなものに置き換えて、置き換えて
     置き換える! それだけで脳は勘違いをして
     ポジティブになれる。

    ・頑張ってみてもダメな場合は、逃げる。避ける。寝る。

全34件中 1 - 10件を表示

プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
小池 龍之介
樺沢 紫苑
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「苦しい」が「楽しい」に変わる本 ~ 「つらい」を科学的になくす7つの方法~を本棚に登録しているひと

ツイートする