わたしは誰、どこから来たの―進化にみるヒトの「違い」の物語

  • 三田出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895831529

作品紹介・あらすじ

残された証拠は、遺伝子・遺跡・言語。人類の軌跡をたどる、集団遺伝学の壮大な試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1995年刊行。

     約10万年前、アフリカからホモ・サピエンスは飛び出し、未踏の大地に踏み出した。そこから現代に至るまでの人類の生活史を遺伝学、考古学、他の近縁種(ピグミーチンパンジーなど)との比較、さらには言語学等の知見も交えて、人類史を粗描する。

     遺伝学等、本書で挙げられるテーマの一つだけでも人類史の分厚い単行本が書けそうである。そういう意味で、広範囲に目配せが効いているのが長所ではあるが、短所ともいえるかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

千種堅の作品

わたしは誰、どこから来たの―進化にみるヒトの「違い」の物語を本棚に登録しているひと

ツイートする
×