説経 小栗判官 (ビームコミックス) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / エンターブレイン
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かたってきかせてゆくもの、かたりつがれてゆくもの、について考える。

    神話伝説伝承説話にはひとびとのそうあればいいなー、こういうのはけっきょくこうなってほしいなー、とかいう願いのようなものがこめられている、わかりにくかったり、そのまままるっとそういうかたちをしていたり、いろいろありますが。ほいで、でもそれがそのまますっとはいどうぞ、っていうことにはならないようで、とちゅういろいろあるんです。いろいろ。させんされたえり、しんじゃったり、うりとばされたり、はたらかされたり、よみがえったり、でも骨皮だったり、そういうこともあるみたいなのです。

    ええーなんでそうなっちゃうのよー、と言いたくなる気持ちもわかりますが、いろいろあるのはいろいろあるので、それは仕方ない、仕方ないとしっていてもよいし、ええーええー言いながらつぎどうなるのかを待っているのもよいでしょう。で、そういうええーなんでここでこうくるかー、ちゅうことを表現するのに、漫画ってけっこうよいよね、ほいでもって説経節なんかとは相性よいのだね、と思ったのがこの漫画でした。まあ近藤ようこ先生の腕によるところが大きいわけです、いろいろあるうちのこまかいところで、もともと説明ぶっとばされているところはちゃんとぶっとばしてあるし、なんでかようわからんうちにぐっとこさせられているところはちゃんとぐぐっと力が入っているし。そういうところ、すげーです。

    こまかいところも大事です。でもそこらへん端折ってもいいときだってあるじゃない。そうじゃない。わたしたちがつたえてゆきたいことは、そこらへんじゃあなくて、ぐぐっとくるとこなのよ、きっと。わかんないけど。わっかんないけど。

  • 説教節の代表的作品である「小栗判官」を漫画化。悪事の末殺され蘇った小栗判官とその妻照手姫の物語。同じく説経節を漫画化した「妖霊星―身毒丸の物語」(元は「弱法師」)に比べると脚色はごく少なくストレートに描かれていて、そのため物語的には若干盛り上がりに欠けるかも。
    それでもやはり近藤ようこらしさはしっかりあって良い。特に、照手姫が気狂いを装って小栗の車を曳く箇所などは、照手の表情が非常に妖艶で素晴らしい。ミニマムな絵柄でこの色っぽさ、さすがは近藤ようこ。
    なお、折口信夫の「死者の書」の漫画化に着手したことがあとがきに記されています。これも楽しみで待ち遠しいところです。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

新潟県生まれ。國學院大學文学部在学中に『劇画アリス』に掲載された「灰色の風景」で漫画家デビュー。1986年「見晴らしガ丘にて」で第15回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。『ルームメイツ』『アカシアの道』など映像化された作品もある。主な作品に『死者の書』(上下)、『夢十夜』(原作:夏目漱石)、『戦争と一人の女』(原作:坂口安吾)などの原作ものやオリジナル作品『異神変奏』など多数。

説経 小栗判官 (ビームコミックス)のその他の作品

近藤ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする