かしらん?…とは?

近代小説を読むと「○○なのかなぁ?」という表現が、「○○なのかしらん?」とかかれている事が多い気がします。
これはそのまま、「かしらん」と読むべきなのか、「○○かしら」と読むべきなのでしょうか?
「○○かしら」だけど、文章にすると「○○かしらん」になるのですか?
なんだか、少しオカマっぽく感じてしまいます(笑)
いってる意味が分からないと思いますが、何とかわかった方は教えてください。
  • 投稿日時 : 2019-02-17 22:34:47
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
回答でもなんでもありませんが、私も同じこと思っていました!
文中では男性が使ってることが多くて、違和感がありました。シリアスな場面で「かしらん?」があると、急に緊張感がなくなる感じがして、気になって仕方なかったです。
同じ人がいてよかったです。私も「なぜ女らしくなるの?」と思ってました笑
疑問が解けてよかったです。
  • 回答No.7951-089799
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2019-02-19 11:03:37
3
元々は「xxxか 知らぬ」(知らない)
江戸時代;語尾が変化して「xxxかしらん」
明治時代;さらに語尾がなくなって「xxxかしら」
と言うことらしい。
「知らない」からきた言葉だったんですね!
長年の疑問が解けてスッキリしました。ありがとうございました!
全2件中 1 - 2件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする