崩壊 (光文社文庫)

3.54
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
著者 :
ことぶきジローさん 日本   読み終わった 

何となくタイトルに惹かれ読んでみたが、今ひとつスッキリしない警察小説だった。

波山暑の刑事・本宮は捜査一課の女性若手刑事・平原優子とコンビを組み、市議会議員の殺人事件を捜査するが…

捜査の過程で次々と繋がりが明らかになる人間関係。本宮自身もその輪の中に巻き込まれるというのはする都合が良すぎるかな。

バブル前後の天国と地獄、家族崩壊と殺人事件。メインの材料は揃い、様々な調味料を使ったが、味が決まらなかった、という感じの作品だった。

レビュー投稿日
2016年5月6日
読了日
2016年5月6日
本棚登録日
2016年5月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『崩壊 (光文社文庫)』のレビューをもっとみる

『崩壊 (光文社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする