点と線 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1971年5月25日発売)
3.59
  • (343)
  • (673)
  • (915)
  • (114)
  • (15)
本棚登録 : 5665
感想 : 596
4

社会派推理小説ブームの火付け作品。捜査官によるアリバイ崩しがメインとなっているが、飛行機の利用がアリバイ作りにされているなど昭和中期の郷愁を感じさせてくれるが、今読んでも面白い。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2020年12月6日
読了日 : 2020年12月6日
本棚登録日 : 2020年12月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする