読書状況 読みたい

今号は課題設定の力。
課題設定は、数年前に話題になったイシューからはじめよが話題になったこともあり、気になっていたテーマ。
問題の裏返しを解決策とする、ということに関してそれが本当に解決策なのかと感じる機会も多く、よくそこが解きほぐされた。

2018年2月5日

読書状況 読み終わった [2018年2月5日]
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読み終わった [2018年2月7日]

自分的には元HKT48,今は持てクリエイターとして活躍するゆうこすさんが、どのようにモテクリエイターという肩書きになっていたかを、各SNS別に丁寧に説明している一冊。

企業側のSNS運用に困っている人にも参考になるのではと思う。

この本は読書会での題材の何冊かの1冊ということもあり、気になっていましたが、元々HKT自体にも注目していたこともあり、手に取ってみました。

帯にある「どん底を知ってるからこそ、強くなれる」という言葉があるように、本当にどん底を経験したのちに本当に努力したわかる。

会社の人と「今はなにげに、(ライブコマースとかで)ゆうこす実体経済動かしてるよね」って話になって、今後こういう世の中をSNSをつかって動かす個人がどんどん出る時代になってくるものなんだなと感じた一冊でした。

2018年1月23日

読書状況 読み終わった [2018年1月23日]
読書状況 読み終わった [2018年1月18日]

WANDSの元ボーカリストの上杉昇の25周年を記念して、インタビューを中心に構成された自伝、そしてライブとCDがセットとなった商品です。

個人的には、WANDSの世界が終わるまでは...から、WORST CRIMEあたりまでの流れ、その後のグランジロックを志向したal.ni.coを追いかけていたので、上杉昇自身がそのときどう動いていたか、考えが吐露されていた。

また、WANDS当時の心境もふりかえっていくなかで、いろいろと言われていたことの否定もしているあたり、ナイーブな性格が垣間見えます。
僕はそんな上杉さんが好きです。

2018年1月29日

読書状況 聴き終わった [2018年1月26日]
ツイートする