人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか

  • 講談社 (2016年12月7日発売)
3.66
  • (10)
  • (23)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 326
感想 : 26
3

二人の科学者が人間とは何か、生命とは何かについて最先端の研究をもとに、対話も含めて深い思索をめぐらせます。正直、理解が難しい内容でしたが、お二人とも具体的な研究成果、例えば機械人間オルタを通じてお話をすすめてくれるので読了はできました、というレベルです。一方、本書に刺戟を受けてぼんやりと考える機会ができました。限りなく人間に似せて造るとそれは人間なのか。どの程度似ると意識が芽生えるのか。構造、代謝、増殖の三つが実在の物体でなくても、現象の再現ができればそれは生命なのか。人工頭脳(不完全だったり、自意識をもっているのか不明瞭だったりしても)で脳を代替した人の人格はその人のものなのか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ドキュメント
感想投稿日 : 2017年4月29日
読了日 : 2020年4月5日
本棚登録日 : 2017年4月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする