江戸開城 (新潮文庫)

  • 新潮社 (1987年11月26日発売)
3.44
  • (4)
  • (14)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 147
感想 : 12
3

 歴史小説かと思ったらそうじゃなくて史料を基に事実を再構成した歴史考証だった。西郷吉之助と勝安房の談合で決まった江戸無血開城を中心とした幕末から維新への歴史転回のありさまを精密にたどる。平和主義者の西郷がなぜ強硬に江戸城攻撃に走り、そして直前にそれを翻したのか。著者が西郷びいきだというのを割り引いても、すべては仕組まれた腹芸だったというのがよくわかる。ちょうどいま大河ドラマでこのあたりをやっていて、ドラマなりの目に余る粉飾がまるわかりだ。というわけで著者の洒脱な書きぶりとあいまって史論として興味深いのだが、やはり小説の体で読みたかったなという気もする。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史小説
感想投稿日 : 2018年11月30日
読了日 : 2018年10月2日
本棚登録日 : 2018年11月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする