みだれ絵双紙 金瓶梅

著者 :
  • 講談社
4.29
  • (7)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 7
4

金瓶梅のパロディといえるだろか。確か幼稚園ぐらい…そうでなければ小学校低学年の頃に読んだ覚えがある。最近、図書館でふと見つけた本が、そのときの本で、びっくりした。当時、読むといっても内容は全然わからなかった。ただ、妖しい絵が印象に残っていた。子供ながらにエロを感じ、そして気味が悪いと思った。文はいまみたいに読めなかったから「見る」といったほうが正しい。「みだれ絵双紙」の名のとおりの作り。ぱらぱらとページを繰り眺めるだけでも楽しめる。記憶の中の絵もちゃんとあった。ディスティニー。。。作者、画者、共に楽しんでらっしゃるようで良い。怖い、妖しい、美しいの三拍子がテーマの彼女の、また別の一面が見られる本。ところどころに歌舞伎趣味が入っててやっぱ皆川さんらしいとこもある。グロテスクなところもあるけれど、この作者なら納得できる。なんだかんだでハッピーエンドです。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2007年9月14日
本棚登録日 : 2007年9月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする