追想五断章 (集英社文庫)

3.69
  • (176)
  • (501)
  • (401)
  • (57)
  • (3)
本棚登録 : 3328
レビュー : 353
著者 :
kwosaさん ミステリ(国内)   読み終わった 

米澤穂信というミステリ作家は本当に面白いことを考える人だなぁ、と思う。そして果敢にチャレンジし、きちんと形に出来るすごい人だとも思う。

伯父の古本屋に居候する青年、菅生芳光(すごうよしみつ)のもとに、死んだ父親が書いた五篇の小説を探してほしいとの依頼が舞い込む。存在するかもわからない小説の行方を調査するうちに...

リドルストーリーとは『結末をあえて書かず読者に委ねるかたちで謎を提示する物語』という解釈で良いのだろうか。
物語の中で探す目的となる小説の五篇全てが、その『リドルストーリー』となっているが、その『小説内小説』の出来がすばらしく、一つの読み物として楽しめる。また、結末のない物語という趣向が『追想五断章』という小説自体の仕掛けにもつながっていて、謎が解明されていく後半は唸らされた。

ミステリの仕掛けの糸と物語の糸が有機的に絡み合い、また解きほぐされていく様はいつもながらに見事。
全編を通しての胸の中を風が吹き抜けるような寂しさ、哀しさ、苦さは好みの分かれるところだろうが、僕は好きだ。

レビュー投稿日
2012年5月1日
読了日
2012年4月30日
本棚登録日
2012年4月30日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『追想五断章 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『追想五断章 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『追想五断章 (集英社文庫)』にkwosaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする