水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)

3.78
  • (23)
  • (68)
  • (42)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 590
レビュー : 60
著者 :
あさかさん 小説・本   読み終わった 

窪美澄は初めて。
以前「ふがいない僕は空を見た」を立ち読みして、独特な雰囲気だなと思っていた。
今年の春以降だったか、色々本を立ち読みし、改めて気になる作家さんとなった。
この本はタイトルが気になったのと、立ち読みして良さそうだと思ったから。

どの話にも植物のエピソードが出てきて、小さな子供がいる母親や父親が視点の話が多い。
高校生が主人公の最後の2話は除いて。
小さな子供を育てる話って事から「きみはいい子」を連想させた。
どちらも現実的でリアルな描写が多いけど、こちらの方が希望が持てる終わり方で、読後感はこっちの方が好きだなぁ。
この中では「砂のないテラリウム」が好き。

レビュー投稿日
2018年9月27日
読了日
2018年6月27日
本棚登録日
2018年6月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする