そして、バトンは渡された

著者 :
  • 文藝春秋 (2018年2月22日発売)
4.25
  • (2659)
  • (2145)
  • (809)
  • (141)
  • (41)
本棚登録 : 19431
感想 : 2253
5

期待はずれにならない
かしら・・・

前評判を聞いてそんな
ふうに構えていたから、

背表紙を閉じるときに、

この作品に出会うこと
ができてよかった、と
ちゃんと自分の心の声
が肯いていて、

やれやれと天を仰いだ。

それにしてもこうして
星五つだけで評価する
のにはやや無理がある。

とても幸せな気持ちに
してくれた。

でも物語としてはもう
ひと捻りほしいかな・・・

ときたら、
ハートマークは五つで
文筆マーク(何?)は
三つとか。

他にも、
読み応えを表すスルメ
マーク(え?)とか、

余韻の強さを表すお鈴
マーク(ええ?)とか、

いろいろ点数化できる
といいのに。

・・・
って、いいわけないな。
そんなの面倒くさいな。

シンプルイズなんとか
ですね。

そして、そもそも論を。

こんな私に的確な書評
なんて無理。

まさか順位なんてある
わけない。

などとのたまいながら、
迷わず五つ星の満点を
捧げてしまう、

かくも素敵な作品です♪

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2023年10月29日
読了日 : 2023年10月29日
本棚登録日 : 2023年10月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする