瀬尾まいこのおすすめランキング

プロフィール

瀬尾まいこ(せお まいこ)
1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒。2011年の退職までは、中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行っていた。2001年『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、これが翌年単行本デビュー作となる。2005年『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞、2008年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞をそれぞれ受賞。これまでに映画化された作品に、代表作『幸福な食卓』、『天国はまだ遠く』『僕らのごはんは明日で待ってる』。『そして、バトンは渡された』は第31回山本周五郎賞候補、2018年「本の雑誌が選ぶ上半期ベストテン」1位、「キノベス2019」1位に選出、さらに2019年本屋大賞を受賞。2019年6月13日、『優しい音楽』(新装版)を刊行。

瀬尾まいこのおすすめランキングのアイテム一覧

瀬尾まいこのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された』や『卵の緒 (新潮文庫)』や『幸福な食卓 (講談社文庫)』など瀬尾まいこの全147作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

10706
4.23
瀬尾まいこ 2018年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あなたみたいに親にたくさんの愛情を注がれている人はなかなかいない」 優子が高校の卒業式の日に担任の向井先生からもらった手紙の一節だ。この言葉に、この本の... もっと読む

卵の緒 (新潮文庫)

7116
4.00
瀬尾まいこ 2007年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『血は争えない』、親子を語る場面などでよく聞く『父母の気質や性向は、何らかの形で子どもに受け継がれていること』という意味をもつ言葉です。この言葉をはじめ、... もっと読む

幸福な食卓 (講談社文庫)

6850
3.83
瀬尾まいこ 2007年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、他の多くの画家が食卓を囲むように人物を配置したのにも関わらず、ダ・ヴィンチは片方だけに人物を並べたのが印象的な作品です。ダ・... もっと読む

強運の持ち主 (文春文庫)

5956
3.54
瀬尾まいこ 2009年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

瀬尾まいこさんが好きです。 告白しているわけではもちろんありません。 大好きな作家さんの筆頭格のお一人という意味です。 柔らかく、優しく、温かみのある言... もっと読む

天国はまだ遠く (新潮文庫)

5340
3.64
瀬尾まいこ 2006年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事のストレスで体を壊し、 死ぬことにした 23歳の山田千鶴。 山奥にある小さな民宿で自殺を図るが なぜか失敗に終わる。 田舎町での毎... もっと読む

幸福な食卓

4826
3.81
瀬尾まいこ 2004年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ごく普通の家庭がそれを守ろうとするがあまり壊れそうになる前に、それぞれ、あるがままのかたちで受け入れようとする姿を描く。 しかし、最後が悲しすぎて…。 ... もっと読む

図書館の神様 (ちくま文庫)

3830
3.66
瀬尾まいこ 2009年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

- 神様っていつやってくるんだろう?  〈0〉章から始まる物語。主人公・早川清(キヨ)のこれまでの生い立ちが駆け足で語られます。そして、続く〈1〉章では... もっと読む

そして、バトンは渡された (文春文庫)

3729
4.37
瀬尾まいこ 2020年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そして、レビューのバトンは渡された。 一周回って、今の時期に読んで、 「暖かな気持ちになった」「最後のシーンに涙した」「みんな愛に溢れている」 と書いても... もっと読む

図書館の神様

3383
3.58
瀬尾まいこ 2003年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愚直に生きる。そんな地味で真面目で目立ないことが、一番人の心に訴えかけるのかもしれない。 もっと読む

おしまいのデート

2844
3.79
瀬尾まいこ 2011年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食べることが 生きることの基本だと言い続けてきた瀬尾さん。 彼女の小説は 自分にとって 「卵かけご飯」のようなものです。 シンプルな... もっと読む

あと少し、もう少し (新潮文庫)

2582
4.09
瀬尾まいこ 2015年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生の駅伝、6人で3Kmずつ、18Kmの物語。 何という青春なのでしょう。 構成も素晴らしく、走る区間の学生目線で物語りが進んでいきます。 子供たちは... もっと読む

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)

2555
3.70
瀬尾まいこ 2008年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初、瀬尾まいこさんの作品です。文章がとても読みやすく、しかもストーリーがなんとも不思議な設定なのに、ほっこりさせる、、とても気にいりました、 3つの短編... もっと読む

夜明けのすべて

2269
4.16
瀬尾まいこ 2020年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり瀬尾さんの書く話はとてもいい。 読んでいると明日への希望が自然とむくむく湧いてくる。 しかもこう言う明日への希望を書いた小説にありがちな説教臭... もっと読む

温室デイズ (角川文庫)

2224
3.42
瀬尾まいこ 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「腐ったミカンの方程式」、今から40年も前に当時のお茶の間の話題を席巻したとされる学園ドラマの金字塔「金八先生」。人間はミカンじゃないと叫んだ金八、でも校... もっと読む

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)

2217
4.09
瀬尾まいこ 2012年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんやねん、この本、むっちゃおもろいやん。こんな関西弁ばっかりの本、あんまりあらへんのちゃうか。笑いすぎたらあかんでぇ。 狭いようで広い日本。交通網が発... もっと読む

強運の持ち主

2069
3.58
瀬尾まいこ 2006年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読です。 良いことはもちろん悪いことも、すぐ信じてしまうので、占いは苦手…。 なので、朝の情報番組が占いコーナーになると、速攻でチャンネル変更(笑)... もっと読む

優しい音楽

2037
3.56

感想・レビュー

「えっ、それいいの?」 ということを、割合あっさり受け止めてしまう3編のお話。 表題作「優しい音楽」 駅で自分の顔をじっと見つめてきた妙な女の子... もっと読む

春、戻る

1998
3.79
瀬尾まいこ 2014年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結婚を目前にしたある日、突然12歳年下の兄が現れた! 12歳年下の兄って何よ?しかも初対面? 瀬尾まいこが初のミステリーに挑戦したのかと思いつつ、その... もっと読む

温室デイズ

1987
3.40

感想・レビュー

2019(R1)10/13 中学校という、簡単には抜けられない“温室”の中でいじめと戦い抜くみちると、みちるを助けてあげられない罪悪感から“温室”から逃げ... もっと読む

僕らのご飯は明日で待ってる

1979
3.78
瀬尾まいこ 2012年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「僕らのごはんは明日で待ってる」というタイトル この日本語、おかしいよなと引っかかっていたが、最後まで読んだら、 このタイトルの意図するところが分かった... もっと読む
全147アイテム中 1 - 20件を表示

瀬尾まいこの関連サイト

瀬尾まいこに関連する談話室の質問

ツイートする
×