小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

3.86
  • (493)
  • (749)
  • (499)
  • (82)
  • (28)
本棚登録 : 4689
レビュー : 756
著者 :
tiaraさん 宮部みゆき   読み終わった 

あまりの分厚さに、これ実物見てたら借りなかったかもと思ったくらいで
前半は「長いなぁ、1話読むのも十分長いなぁ」とややへばり気味でしたが
後半はするする読んでしまいました。
最終話は号泣ですわ。

はじめのほうで蛇足のように書かれていたことが、ちゃんと伏線だったり
そうだったのかと改めて気付かされるところがあったり
よく分からない登場人物も後々ちゃんと絡んできたり。
そうなのか、そうなんだね。
心霊写真のはなしかと思いきや、苦しくてあたたかく切なすぎるホームドラマです。
登場人物も小暮写真館もみんな素敵だー。

ドラマ化するので読みたくなって、ドラマ前に読めなくて
やっと読めたので、これからドラマ見ようと思います。
花ちゃんこと英一がとてもおもしろくて最終話の啖呵もかっこよかった。
神木隆之介くん、好きなので期待してます。

過去と向き合うことで未来に進んでいける。
読み終わって表紙を見ると感慨深い。しみじみ。

レビュー投稿日
2013年4月15日
読了日
2013年4月15日
本棚登録日
2012年12月4日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』のレビューをもっとみる

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』にtiaraさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする